スターバックスが中国での業績に好転の兆し コロナ禍で閉鎖された店舗の9割以上が再開

✎ 1〜 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 最新
拡大
縮小
中国のスターバックスは9割以上の店舗が営業を再開、客足も徐々に戻りつつある(編集部撮影)

アメリカのコーヒーチェーン大手のスターバックスは4月8日、新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて2020年1~3月期の売り上げが47%減少するとの見通しを発表した。特に本拠地のアメリカで3月中旬から流行が急拡大した影響は大きく、同月最終週のアメリカの既存店売上高は前年比60~70%も減少した。

そんななか、新型コロナの流行がいち早く落ち着いた中国では徐々に好転の兆しが見えている。

中国で新型コロナの流行が拡大した1月下旬以降、スターバックスは中国にある約4300店舗の大部分が一時閉鎖を迫られ、約4億ドル(約434億円)の減収要因になった。最も影響が大きかった2月には、中国の既存店売上高は前年同月比78%も落ち込んだ。

客足戻るも、コロナ前への回復は半年先

しかし3月は、既存店売上高の減り幅が同64%減に縮小、3月最終週に限れば同42%減まで回復してきた。また、2月最終週の時点では注文の80%をスマートフォンのアプリを通じたテイクアウトが占めていたが、3月最終週にはその比率が27%に下がった。店舗への客足が次第に戻り、レジで注文する顧客が増えていることを示している。

スターバックスは、中国での業績が以前の水準に戻るのは半年先と予想している。3月初めには中国の店舗の90%が営業を再開し、4月上旬には95%に達した。しかし各地の防疫対策の規定により、現在も多くの店舗が営業時間を短縮したり、座席数を減らしたりしている。

本記事は「財新」の提供記事です

一方、アメリカでの影響はまだ始まったばかりだ。スターバックスのアメリカでの業績は、2020年の最初の10週間は絶好調だった。年初から3月11日までの既存店売上高は前年同期比8%増加、販売数は同4%増加と、過去4年間で最高の状況だった。

しかし新型コロナの流行でアメリカの既存店売上高は3月12日から減少に転じ、3月最終週には60~70%も落ち込んだ。このためスターバックスは2020年9月期の通年の業績予想を撤回。新型コロナの打撃は1~3月期より4~6月期のほうが深刻であり、7~9月期も影響が続くと見込む。

(財新記者:沈欣悦)
※原文は4月10日配信

財新 Biz&Tech

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ザイシン ビズアンドテック

中国の独立系メディア「財新」は専門記者が独自に取材した経済、産業やテクノロジーに関するリポートを毎日配信している。そのなかから、日本のビジネスパーソンが読むべき記事を厳選。中国ビジネスの最前線、イノベーションの最先端を日本語でお届けする。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT