障がい者が自立すれば、みんなが元気になれる

国にNO!を突き付けた岡山県総社市長の戦い(上)

片岡:そうでしょう。「障がい者千人雇用」をやる前は、障がい者を持つ親が市役所にやって来て、さんざん文句言うわけ。やれ教室にスロープがないとか、先生がえこひいきをするとか、あの先生を変えろ、とか。そんなのばっかりだったの。ところが「障がい者千人雇用」をやるようになって、就職できた障がい者の方が増えてきたら、親たちが僕にこう言ったんです。

片岡聡一(かたおか・そういち)
岡山県総社市長
1959年生まれ。青山学院大学法学部 卒。1984年、橋本龍太郎事務所入所。内閣総理大臣公設第一秘書、行政改革・沖縄北方担当大臣大臣秘書官(内閣府へ勤務)などを経て、2007年、総社市長に当選。

「市長さんね、あなた障がい者を子どもに持ったことないから、わからないと思いますけど、この子を学校に行かせるまでが、毎日、もう大変なんです。靴下は履けません。ご飯を食べてる途中で、急にてんかんで倒れたりもするし、グズグズグズグズ奇声を上げて、家の中で暴れまくって、ガラスを割ったりもします。家に帰ってきたら部屋の中で卵を投げて遊んでいて、家中卵だらけ。毎日、毎日、そういうことばっかりです。朝、この子をバス停まで送っていったら、やれやれと思うんですけど、そんなつらい日々をどれだけ積み重ねても、どうせこの子は学校を卒業したら行くところがないし、社会は絶対、迎え入れてはくれない。そう思って途方にくれていました。だけど、この子たちが高等支援学校を卒業したら、総社市が本当に全員就職させてくれて迎え入れてくれるって、約束をしてくれた。――ああ、私、あそこまで泳いで行ったら、この子が生きて行ける場所がある。そう思うと毎日が我慢できる」って言うんですよ。それを聞くと、よかったな、と思います。

坂之上:なんだか涙が出そうです。

障がい者が入社して、会社の団結力が上がった

坂之上:初めは企業側も「障がい者を雇うって、そんな……」って言いませんでしたか。

片岡:はい。企業は、絶対、採りませんでした。

坂之上:想像に難くないです。

片岡:企業は、最初はそんな足手まといを雇うよりも、罰金払ったほうがいい、なんて考えるのです。ところが、雇ってみるとだんだんわかってくるんですよ。彼らをひとり入れると、職場の団結力が上がるとか。

坂之上:そんなに効果が見えるのですか?

片岡:そう。それから社員が優しくなったりね。中の雰囲気が良くなる。で、だんだんだんだん、採る会社が増えてきて。

坂之上:採用した会社の様子を聞いたり、横で見たりして。

片岡:そうです。あんまりね、彼らに対してかわいそう、かわいそうじゃだめなんですよ。もっと普通に肩をぽんとたたいて、「働け」みたいにやってくれたほうがいいんです。障がいの「害」をひらがなで書かないといけないとかね。そういうもんじゃないと思います。彼らも頑張れよ、ぐらいのほうがうまくいくんです。僕ら総社市では、軽い知的障がいの子どもなら、普通に受け入れられるようになってきた。

坂之上:それは会社側が経験値を積んだからですね。

片岡:そう。頑張ったら彼らが納税者に変わる。それが総社市ではだんだん普通になってきました。

次ページなぜ障がい者雇用に取り組むのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。