「クロノグラフ」今さら聞けない使い方の基本

腕時計のあの機能、わかっていますか?

腕時計のあの機能、正しい使い方を知ってますか? (画像:LEON編集部)

クロノグラフは「操作できる」のが特徴の、つまりは使える道具であるのが、通常の時計とは違う魅力。が、しかし、実際は使いこなせていない人が大多数。そこでクロノグラフの使い方をお教えします。

クロノグラフは、本来使える機能満載なのです

クロノグラフとはストップウォッチ機能を備えた時計のこと。

本記事はLEON.JPの提供記事です

クロノグラフの魅力は「操作できる」ということです。通常の時計は時間や日付を「見る」だけ。トゥールビヨンや永久カレンダーなどの超複雑機構でもそれは同じです。

しかしクロノグラフは自分で操作し、任意の時間を切り取り計ることができる。そこが特別なのです。そしてクロノグラフは時間を計ることで、速さや距離などを計測することもできる。というのを、ご説明します。

クロノグラフの使える機能 その1 

「タキメーター」とは?

タキメーターは速度を計測するための目盛り(画像:LEON編集部)

タキメーター(Tachymeter)は速度を計測するための目盛り。自動車や飛行機の平均速度を計測するために発案された。クロノグラフをスタートさせ1km移動したところでストップ、そのときに針の指した数字が平均時速「km/h」になる。

また、工場のラインなどでの生産数のカウントも可能。生産開始と同時にスタートし完成時にストップ、そのときに針の指した数字が1時間あたりの生産個数となるのです。

次ページ順番待ちがすぐにわかる! タキメーターの使い方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT