中国で小児コロナ患者「2000人超」の深刻度

幼稚園や家庭で集団感染を起こす可能性も

一方、2143人のうち90%を超える小児患者が、無症状(4.4%)、軽度(50.9%)あるいは中度(38.8%)の患者だった。重症または危篤状態となった小児患者は5.9%で、重症化率は成人患者の18.5%と比べて低い。

ただ、幼児、とくに乳児の重症化率は比較的高い。1歳未満の患者が重症または危篤状態となる割合は合計10.6%。1~5歳は7.3%で、6~10歳、11~15歳、16歳以上はそれぞれ4.2%、4.1%、3.0%だった。

学校や家庭で集団感染を起こす可能性も

その他の疾病を持つ小児は、より重症化しやすい。前出の武漢小児病院などの研究によれば、3人の小児患者が武漢小児病院の集中治療室で治療を受けた。その3人は新型コロナウイルス肺炎以外に、それぞれ水腎症(訳注:尿が腎臓にたまってはれる病気)、白血病(訳注:血液中の白血球が異常に増加する病気)、腸重積症(訳注:腸管が閉塞され血行が妨げられる病気)を患っていた。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

腸重積症を患っていた生後10カ月の小児患者は、入院から4週間後に死亡した。先天性疾患などの複合的な要素が、小児患者の病状悪化を引き起こすのだ。

同研究はさらに、小児が社区(訳注:団地のようなコミュニティー)の中で感染を広げる重大な原因であるかもしれないと警告を発している。現有のデータによれば、小児は伝染性の強い上気道感染症になることが多い。また、診断後の数週間以内に、一部の小児の糞便が核酸検査で陽性になっている。

これは、ウイルスが消化器系で複製できることを示す。乳児や小児の一部がまだトイレトレーニングを受けていないことや、自らを守ろうとする意識が低いこと、鼻汁や糞便などさまざまな要素を考慮すると、幼稚園や学校、家庭内で集団感染を引き起こす可能性がある。

(財新記者:曾毓坤、黄蕙昭)
※原文は3月20日の現地時間13:11配信

新型肺炎の中国現地リポート「疫病都市」を無料公開中です

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT