日産自動車、100万台以上をリコール

エアバッグが作動しない恐れ、米やカナダ中心

3月26日、日産自動車は、米国を中心に乗用車など105万3479台をリコールする。写真は同社のロゴマーク。横浜で2013年11月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[デトロイト 26日 ロイター] -日産自動車<7201.T>は、米国を中心に乗用車など105万3479台をリコール(回収・無償修理)する。助手席エアバッグの作動を妨げる可能性があるソフトウエア上の不具合を修理する。

米道路交通安全局(NHTSA)に提出した資料によると、ソフトウエアの不具合から助手席に人が座っていることが認識されずに、エアバッグが作動しない恐れがある。

リコールは4月半ばに開始する見通し。

リコールの対象となるのはセダン「アルティマ」、小型車「セントラ」とスポーツ型多目的車(SUV)「パスファインダー」の2013─14年モデル、2013─14年製の電気自動車(EV)「リーフ」、高級ブランド「インフィニティ」の複数車種の2013および14年モデル、2013年製の商用バン「NV200」。

NHTSAと日産によると、このうち、98万9701台は米国で販売され、約60万台はカナダで販売されたもの。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。