日産自動車、100万台以上をリコール

エアバッグが作動しない恐れ、米やカナダ中心

3月26日、日産自動車は、米国を中心に乗用車など105万3479台をリコールする。写真は同社のロゴマーク。横浜で2013年11月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[デトロイト 26日 ロイター] -日産自動車<7201.T>は、米国を中心に乗用車など105万3479台をリコール(回収・無償修理)する。助手席エアバッグの作動を妨げる可能性があるソフトウエア上の不具合を修理する。

米道路交通安全局(NHTSA)に提出した資料によると、ソフトウエアの不具合から助手席に人が座っていることが認識されずに、エアバッグが作動しない恐れがある。

リコールは4月半ばに開始する見通し。

リコールの対象となるのはセダン「アルティマ」、小型車「セントラ」とスポーツ型多目的車(SUV)「パスファインダー」の2013─14年モデル、2013─14年製の電気自動車(EV)「リーフ」、高級ブランド「インフィニティ」の複数車種の2013および14年モデル、2013年製の商用バン「NV200」。

NHTSAと日産によると、このうち、98万9701台は米国で販売され、約60万台はカナダで販売されたもの。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。