日産自動車、100万台以上をリコール

エアバッグが作動しない恐れ、米やカナダ中心

3月26日、日産自動車は、米国を中心に乗用車など105万3479台をリコールする。写真は同社のロゴマーク。横浜で2013年11月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[デトロイト 26日 ロイター] -日産自動車<7201.T>は、米国を中心に乗用車など105万3479台をリコール(回収・無償修理)する。助手席エアバッグの作動を妨げる可能性があるソフトウエア上の不具合を修理する。

米道路交通安全局(NHTSA)に提出した資料によると、ソフトウエアの不具合から助手席に人が座っていることが認識されずに、エアバッグが作動しない恐れがある。

リコールは4月半ばに開始する見通し。

リコールの対象となるのはセダン「アルティマ」、小型車「セントラ」とスポーツ型多目的車(SUV)「パスファインダー」の2013─14年モデル、2013─14年製の電気自動車(EV)「リーフ」、高級ブランド「インフィニティ」の複数車種の2013および14年モデル、2013年製の商用バン「NV200」。

NHTSAと日産によると、このうち、98万9701台は米国で販売され、約60万台はカナダで販売されたもの。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。