日本人研究者が語る韓国での半地下"隔離"生活

新型コロナ対策、韓国と日本の大きな「差」

韓国全土で行われている新型コロナウイルスの対策はどのように行われているのでしょうか(写真:Cn0ra/iStock)
新型コロナウイルスに世界が侵され、3カ月。感染者数、世界4位となってしまった韓国。ソウル大学の日本人研究者に、韓国の「いま」を聞いてみた――。

アカデミー賞を受賞した韓国映画の『パラサイト 半地下の家族』は、日本でも話題になっているそうですね。

私は映画の舞台となったソウル市の半地下の部屋で研究を続けていますが、新型コロナウイルスの拡大でほぼ隔離された生活を送っています。韓国では、屋塔房(オクタッパン)という屋上に建てる小屋と半地下の部屋は相場より安いので、私のような貧乏な研究者は重宝しています。

対策は日本より徹底している

3月に日本に帰る予定でしたが、日本政府が韓国からの入国者に制限をかけ空便も船便もほぼなくなり、感染の不安を抱えながら半地下に引きこもるしかなくなりました。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

大学も休校になってしまい、街には人影もほとんどありません。私は、かろうじて営業している学生食堂で食事をしたりネットに接続したりする以外、自宅で過ごすことが多いです。

新型コロナの対策については、日本より韓国のほうが徹底しています。法的にも政治的にも、韓国は日本よりも私権を制限できる強みを発揮しています。携帯電話には頻繁に政府からメッセージが届き、居住エリアで感染者が出たことを知らせてくれます。

感染の可能性がある日本や中国などからの入国者には、GPS機能が付いたアプリを強制的にインストールさせ、追跡をします。

次ページ韓国で行われている具体的な対策は…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。