「植松被告」に死刑判決でも事件が不可解な理由

裁判員制度による「核心司法の問題点」を露呈

かつて私が取材したオウム真理教事件でも、死刑囚の裁判は生い立ちからはじまって、親子関係や宗教観、教団との出会い、入信の理由、出家後の生活などなど、あらゆることを本人に語らせていた。

「あなたのことを、裁判官によく知ってもらうためだからね」と、前置きする弁護人もいた。親が出廷して、どんな育て方をしたのか証言したり、マインドコントロール理論も取り上げられることがあった。さまざまな角度から事件が検討され、理由が書き込まれて判決が言い渡された。「精密司法」と呼ばれるものだ。

それが裁判員制度の導入で、一般市民である裁判員の負担の軽減が必要になる。手続きの簡素化と期間の短縮が求められ、争点や証拠を公判前に絞り込む「公判前整理手続」が行われるようになった。事件の核心と裁判の結果が重要であって、論点が絞り込まれているから、そのほかのことを細かく知る必要はない。これが「核心司法」とされる。

植松被告の被告人質問は、たった3期日だった。もっとも、弁護側は大麻精神病による心神喪失を主張しているから、犯行動機を探る必要がなかったことも事実だ。

彼には、現実感覚がない

ただ、そこに植松被告の“軽さ”が拍車をかけた。

初公判で「皆様に深くおわびします」と、はじめて謝罪の言葉を口にしたのはいいが、その直後にいきなり右手の小指をかみ切ろうとして、複数の刑務官に取り押さえられている。

その後の公判でも、誰にお詫びしたのか、被害者参加制度を利用した遺族や被害者家族に尋ねられると、「皆様です」「亡くなられた方、ご家族です。迷惑をおかけしたすべての方です」と答えはするものの、その一方で「意思疎通のとれない人は不幸を生む」「お金と時間を奪っているから」「重度障害者を育てるのは間違っている」と主張している。

職員として働き出した当時、「障害者はかわいい」と言っていたことについても、「そう思ったほうが、仕事がしやすいからかもしれません」「そう思い込んだということだと思います」と答えている。もう最初から、障害者を人間とは認められずに、動物や自分の労働のための対象物にしかみていない言いぐさだ。

「彼には、現実感覚がないのではないか」

傍聴を続けていたある関係者はそう語っている。

「ただ目立ちたいだけにみえる」

次ページ大量殺害事件を引き起こす人物の共通点
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT