「株は今こそ買い」と言う人の「根本的な間違い」

新型コロナ暴落で株は本当に安くなったのか

まず、市場は合理的でない。投資家は合理的でない。常に冷静とは限らないどころか、冷静だったことはほとんどない。

実際、PERが揺れ動くのは、楽観に傾くか悲観に傾くかで、一箇所にじっとしていることはなく、株価は揺れ動く。毎日の変動はそもそも理論的には説明できないように、中期的なPERの変動も、要はセンチメントの変動で、金利だけでは説明できない。

最大の誤りとは何か?

しかし、そもそも最大の誤りは、ピーク時、史上最高値の株価は正しい株価で、下落した時の株価は正しくない株価だ、という前提だ。

中立的にみて、どちらが正しい株価かわからない。せめて、その間が妥当な株価だと見て、妥当な株価から15%落ちている、というのならまだ分かるが、ピークが正しい株価、という前提は常に間違っている。だから彼の議論は120%間違いだ。これは客観的に言えることだ。

一方、筆者個人の見解を述べると、30%落ちた株価、例えば、NYダウ平均は約2万ドル、日経平均株価は約1万6000円台、これが安いか、と聞かれれば「高くはないが、安いともいえない」、と答える。「今が水準的には妥当な株価ではないか」、と思っている。ただし、これは個人的見解だ。

ここで2つ重要な注意点がある。

まず、妥当な水準であるという評価が正しかったとしても、それはまだ買いではない。少なくとも「迷わず買い」ではない。

なぜなら、株価が妥当な水準で安定していることはほとんどなく、株価は常に、上がっているか下がっているか、どちらかだからだ。経験則的に言えば、10年に1回大暴落があり、その後回復過程、上昇過程、そしてバブル過程を通じて、9年間は概ねあがり続け、そして10年に一度の暴落がやってくる。その繰り返しだ。はっきりしていることは、ずっと妥当な水準で安定しているということは例外的な時期だ、ということだ。

次ページ「もう1つの注意点」は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT