「株は今こそ買い」と言う人の「根本的な間違い」

新型コロナ暴落で株は本当に安くなったのか

したがって、いったん暴落を始めた株価は、普通は、妥当な水準を通り過ぎて、暴落を続け、妥当とは到底いえないところまで下がって、そこから(底から)あがってくる。だから、今回の暴落がどこまで続くか、見極める必要があり、セオリー的には「慎重に底打ちを確認してから、底では買えないが、はっきり暴落局面が終わったところから買い始めて間にあうので、そこまで待つ」のが安全策だ。

もし底で買いたければ、いまから恐る恐る少しずつ買い始めるのも、戦略としてありうるが、やはり焦ることはない。

2つ目に、下落幅を、理論とまでは言わなくとも、論理的に説明すると2つの要素に分けられる。PERが20倍から10倍まで下振れるとすると、その倍の振れはセンチメントによる振れだ。

さらに、PERが20を超えているようなときは、バブル的であり、実体経済も過熱している場合がほとんどである。だからPERの元になる企業の収益(earnigs)も長期的に持続可能な水準よりも高くなっている場合がほとんどである。したがって、センチメント的にPERが20から10に下がる、という「センチメントの要素」と、「企業収益が半分に落ちる」、という2つの要素があって、株価は最大4倍まで振れるのだ。

「株は安すぎる」とはまだ言えない

実際には、NYダウやS&P500などの市場の平均株価指数が4倍まで振れることはなく、2倍ぐらいが一般的になる。だが、日経平均であれば約3万8000円台から約8000円まで、約5分の1になった歴史的なバブルもある。「今回はそこまで異常なバブルではなかったから、半分ぐらいがせいぜいではないか」、というのが私の個人的な感触だ(雑だが)。

NYダウは最大下がって、1万5000ドル、日経平均は1万2000円あたりだが、日経平均の方が、バブル度合いが小さいので(あまり日本株には成長期待もないといわれて、人気がそこまでないのでバブルになりにくい)1万4000円から1万5000円ではないか。

そういう感覚で私は、今の水準を分析しているし、感覚的に捉えている。

だから、まだ「株は安すぎる」とはいえないのである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT