ノーベル賞受賞者が「笑い」を取りに行くワケ

山中教授「知られざるもうひとつの才能」

ある日突然、多くの実験用マウスがメスになっていると研究助手から告げられる。研究所が飼育していたマウスにメスはいないはずだ。

このミステリアスな性転換は、性転換ではなくて研究の結果、つまりは予想外の研究結果で、そして今回のノーベル賞につながる研究へと導くものだったのだ。この後の展開も少し引用する。

So I further looked into what was going on. And I found this totally unexpected result.  It was not babies.  It was this huge liver cancers.

(和訳)
そこで何が起こっているのか、さらに見てみました。すると、まったく予想外の結果が出たのです。それは赤ちゃんではありませんでした。巨大な肝臓がんだったのです。

研究者たちが柔軟な頭の持ち主でなかったら、単なる実験の失敗として片付けられてしまっていたかもしれないことであった。

山中教授のスピーチが世界に与えたインパクト

ノーベル賞の世界にはかつて日本人は受賞の対象にはならないといった固定観念があり、日本人最初の受賞者が出るまでに50年の歳月が必要だった。

『英語で聴く 世界を変えた感動の名スピーチ』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

また物理学賞を受賞した湯川秀樹を例外として、日本人に与える賞は人文科学や文学・芸術の分野が意識され、欧米の学者・研究者と肩を並べる人材が選考の対象になるまでには、さらに時間がかかった。

20世紀後半の日本の科学技術の進歩やその背景になった自然科学の分野での研究者の輩出は、こうしたかつての固定観念を打ち破った。

高邁な思想や哲学、難解な学問的理論を披瀝するノーベル各賞の受賞者が多い中で、山中教授のスピーチは内容、用語の選択、表現、ウイットなどさまざまな面で特段に魅力的な完成されたスピーチになっている。

聴いているだけで幹細胞研究の世界に引き込まれていくだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT