ノーベル賞受賞者が「笑い」を取りに行くワケ

山中教授「知られざるもうひとつの才能」

山中教授はユーモアの人だ。氏はコミュニケーションでユーモアが果たす役割を十分熟知している。ノーベル賞を授与されたと知ったときのエピソードがまず秀逸だ。

ノーベル賞委員会の責任者から、日本の自宅に国際電話がかかってきたとき、教授は自宅で壊れた洗濯機の修理をしていたという。洗濯機の修理を優先させるべきか、それともノーベル賞委員会への応答を優先させるべきか。二者択一を迫られて一瞬とまどう教授の姿が目に浮かぶ。

話の結論は、山中教授がノーベル賞の賞金と新しい電気洗濯機の購入費用の双方を獲得するというところに落ち着く。購入費用は山中教授のノーベル賞受賞を知った閣僚有志がお祝い金として用意した16万円。まるで落語の世界にいるようだ。

氏のユーモアはスピーチにも取り入れられている。例えば、下記のようなくだりだ。

ES cells have two important properties. The first one is their rapid proliferation, is their immorta……. Oh my God, I promise I didn't do this on purpose.  Immortality. The other important…… I'm sorry for ES cells.

(和訳)
ES 細胞には2つ重要な特徴があります。1つ目は急速に増殖すること、ふ……(スライドではimmortality「不死身」がimmorality「ふしだら」になっており、場内爆笑)。何てことだ、信じてください、わざとやったわけではないんです。(ふしだらではなく)不死身ですから。もう1つの大事な……ES 細胞に申し訳ない。

ES細胞に関する専門的な説明の合間にも、immortality「不死身」とimmorality「ふしだら」をかけて、聴衆を和ませている。

柔軟な頭こそ新しい発見には不可欠

スピーチの中でも、アメリカ・サンフランシスコの研究所にいたときの実験用マウスの“性転換”をめぐる研究助手とのやり取りは必読である。以下に少し引用しよう。

One day, in early morning, a technician working with me rushed into me.
She was taking care of these mice. And she said something strange to me.
She said, “Shinya, your mice!  Many of your mice are pregnant.”
But they are male.

(和訳)
ある日の早朝に、私と作業をしていた助手が駆け込んできました。
彼女はこれらのマウスの世話をしていました。そして変わったことを口にしたのです。
「伸弥、あなたのマウス! 妊娠しているのがたくさんいますよ」と。
でも、私のマウスはオスなのです。
次ページ実験用マウスの顛末は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT