米民主党が選ぶのはバイデンかサンダースか

スーパーチューズデー後の指名争いの行方

もともとの誓約代議員数でバイデンがサンダースを下回っていたにも関わらず、党大会でエスタブリッシュメントがバイデンを勝たせたということになれば、その後の党内分裂の危機も想定される。このような党内対立の事態に発展すれば、11月大統領選ではサンダース支持者が投票所に足を運ばず、トランプ大統領の再選を許すことが想像できる。

もう1つはバイデンがサンダースを上回るも過半数の誓約代議員を獲得できず相対多数で党大会にもつれ込むケースだ。その場合、1回目の投票で決まらなくても、2回目以降で特別代議員などの支持を受けて、問題なくバイデンが指名されることが予想される。

いずれのケースも撤退した他の穏健派候補の誓約代議員の協力やエスタブリッシュメントが多い特別代議員の2回目以降の参加によってバイデン有利の流れとなる運命にある。そのため、サンダースは党大会にもつれ込むことだけは、避けなければならない。また、民主党指導部も11月大統領選への影響を考慮し、党内分裂の危機を回避するためにも、競争による党大会とならないよう調整を図るであろう。

4月末には結果が見えてくる

スーパーチューズデー実施前に民主党エスタブリッシュメントがバイデンに一本化するようほかの候補者に働きかけたように、再び圧力がかかることは必至だ。党大会へもつれ込む状況はメディアや政治アナリストが常に夢見る展開であるが、候補者がバイデンとサンダースに絞られてきたため、「競争による党大会」には至らない可能性が高まっている。

バイデンもサンダースも欠陥はあり、民主党有権者の目にはリスキーな候補者と映っているだろう。だが、エスタブリッシュメントは明らかにバイデンを推している。「ジョーメンタム」の強風が吹き、今後、不利な州での戦いを迎えるサンダースは、バイデンよりも本選で勝てる候補として、より幅広い民主党支持層にアピールすることができるかがカギとなろう。

ニューヨーク、ペンシルバニアなどの大票田の予備選が行われる4月末で、9割弱の誓約代議員が選出される。その時点までには、バイデン、サンダースのいずれかが誓約代議員数の過半数を獲得しているか、あるいは決着が党大会にもつれ込むのかが見えてくる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT