米民主党が選ぶのはバイデンかサンダースか

スーパーチューズデー後の指名争いの行方

ジョーメンタムに意気上がるバイデン候補(写真:REUTERS/Kyle Grillot)

大統領選挙における民主党の候補者選びはスーパーチューズデーで1つの山を越えた。アイオワ、ニューハンプシャーなどの滑り出しで完敗し、ダメかと思われたジョー・バイデン候補がその後、サウスカロライナに加え、スーパーチューズデーの10州で勝利し、勢いに乗った。同氏の選挙陣営はこれを「ジョーメンタム(Joementum:ジョー・バイデンとモメンタム(勢い)を合わせた造語)」と称している。

アメリカの予備選は50州すべてが同日に実施される仕組みとなっていない。スーパーチューズデーのように一部の州が固まって開催する日もあるが、数カ月かけて順番に選挙が行われる。

ブルッキングス研究所上席研究員エレイン・ケイマーク氏が語るように「ひとつの予備選での勝利は、次に続く予備選で勝利する可能性を大幅に高める」。2月29日のサウスカロライナ州予備選での圧勝が3月3日のスーパーチューズデーでの勝利につながり、残りの州でもバイデンは勝利を重ねていく好循環が始まっているのかもしれない。

いずれも「多人種連合」の形成に成功した

バーニー・サンダース候補とバイデンは、いずれも民主党予備選を制することを可能とする党内の連合を形成した。ネバダ州党員集会以降、サンダースはヒスパニック系を中心とした「リベラル派多人種連合」を形成した。ヒスパニック系が多いカリフォルニア州での勝利などに、そうした連合の成果が見られた。

一方、バイデンもスーパーチューズデーで「穏健派多人種連合」を形成している。バイデンはヒスパニック系以外の幅広い人種からの支持という点で、サンダースより優勢であった。サウスカロライナで黒人層に強いことが証明されたため、スーパーチューズデー前には黒人の多いアラバマ、ノースカロライナ、テネシーなど南東部を中心とする州でのバイデンの勝利は予想されていた。だが、実際には白人の多いマサチューセッツやミネソタなどの州でも勝利を重ね、バイデンの「穏健派多人種連合」は黒人に限らず多人種に広がっていることが判明した。

次ページここから先の予備選の予想
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT