ついにアメリカの巨大バブル崩壊が見えて来た

株価の大乱高下めぐる「6つの鍵」で読み解く

さて競馬予想である。持ち回り連載を担当しているもうお二方のうち、山崎元氏は「運用者としての馬券」「負けない馬券戦略」である。一方、かんべえ(吉崎達彦)氏は、競馬ファンの「ファンとしての楽しい馬券戦略」であるが、私は行動経済学者としての「学問的な馬券戦略」で臨みたい。

理論として考える以上、また別の意味で私は、競馬はギャンブルではなく、スポーツであると考えている以上、馬券は単勝に限る。スポーツとしての競馬では、1着がすべてであり、勝ち馬は歴史に残り、同時に、勝ちは馬の種牡馬、母馬としての価値を高めるが、2着はほぼ無価値である。ブラッドタイプと呼ばれる血統表での実績としては残らない。だから、勝つことがすべてとして、ホースマンたちは戦っている。だから、勝ち馬の予想は論理的に可能であるが、2着の予想はギャンブルとしてしか意味がないのだ。

そこで、弥生賞(3月8日、中山競馬場11R、G2、距離2000メートル)。である。3歳クラシックレースを占ううえで重要なトライアルレースだ。

勝つ可能性のある馬は3頭。人気順に、ワーケア、サトノフラッグ、オーソリティ。

弥生賞はオーソリティの単勝で勝負

私はオーソリティ。

理由は、ギャンブルなので、同じ確率なら人気のないほう、オッズの高いほうがいいこと。第2に、ワーケアは前走3着、オーソリティは同じレースを5着で、人気に差がついているが、3着も5着も、負けは負け。ただの善戦であるから、差をつけて評価する必要はない。

第3に、オーソリティの騎手は、初来日の南アフリカ出身のライル・ヒューイットソン。実力者だが、香港競馬で連敗しており、評価が分かれるところだが、海外騎手は2着を狙わず、勝ちに来るので、それに賭けてみたい。単勝。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT