日本人ネイリストが海外セレブに指名される訳

マドンナやレディ・ガガを夢中にさせている

「『私は英語が話せないのですが、大丈夫ですか?』と聞いたら、その方はすごく朗らかな方で、笑いながら『なんとかなるから、大丈夫、大丈夫!』とおっしゃって(笑)。それですぐに、彼女のヘアサロンで働き始めることになったんです」

ヘアサロンの一角にテーブルを置き、そこでネイルサロンを始めた直美さん。でも、最初はお客さんなんて1人もいなかった。

「このままではお客さんは来ないし、どうしよう……と悩みました。でも、当時はまだツイッターやインスタグラムなどのSNSもない時代だったので、ポスターを作っていろんな所に貼ってまわったんです」

すると、そのポスターを見たお客さんが、1人、2人とサロンに来るようになった。それから、直美さんのネイルアートは口コミで広がり、次々とお客さんがやってくるように。

「私がニューヨークに来たばかりの頃は、日本のネイルのほうがアメリカよりもずっと進んでいました。日本のネイルの繊細なデザインは、アメリカでは珍しかったみたいで、口コミで広がっていったんです」

また当初は英語がまったく話せなかったとのことだが、仕事には支障をきたさなかったのだろうか。

「最初は英語ができず、とても苦労しました。やはりお客さんとコミュニケーションがとれないとつらいですし、自信をなくすこともありました」

でもそんな中でも直美さんは、「今日はどんなネイルにしますか?」「何色がいいですか?」など仕事でよく使う基本的な英語のフレーズを覚えて、積極的にお客さんとコミュニケーションをとるよう努めた。

「あとは働きながら、お客さんや一緒に働いているアメリカ人に、その都度英語を教えてもらいました。そうやって、どうにかこうにか仕事ができるようになりました」

セレブリティーとの仕事は、ある出会いから

少しずつお客さんは増えていき、ニューヨークでの仕事にも慣れていった直美さんだったが、ニューヨークは物価が高い街。次第に貯金も尽きていき、「もう日本に帰ろうかなぁ」と思っていたとき、直美さんにあるチャンスが訪れた。

「友人とカフェでお茶をしていたら、友人の知り合いがたまたまお店に入ってきて、『あなたのネイル、どこでやったの?』と聞いてきたんです」

直美さんが、「私はネイリストで、自分でやったんです」と答えたところ、「私はメイクアップアーティストで、あなたを私のクライアントに紹介したいから、明日の撮影に来れる?」と彼女。

次の日行ってみると、なんとレディ・ガガの撮影の仕事だった。当時は、まだレディ・ガガがデビューしたばかりの頃。そのため、直美さんはまだ彼女の存在を知らなかったが、撮影に呼ばれてネイルを施したところ気に入られ、それから撮影があるたびに呼ばれるようになっていった。

さらに、レディ・ガガのヘアスタイリストやメイクアップアーティストから紹介され、アリシア・キーズをはじめ、さまざまなセレブリティーと仕事をする機会が増えていった。

また同時期、ネイルサロンに来ていたお客さんからも、セレブリティーとの仕事を頼まれるように。

次ページある映画の仕事を依頼された
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。