日本人ネイリストが海外セレブに指名される訳

マドンナやレディ・ガガを夢中にさせている

左は、セリーヌ・ディオンと直美さん。右は、アメリカで最も視聴率が高いテレビ番組「スーパーボウル」にて、初めてマドンナのネイルを手がけたときの写真。以来、マドンナのネイルを担当するようになった(写真:安田直美さん提供)  
日本を飛び出し、世界で夢をかなえている人たちがいる。しかし、そんな彼らも最初はみなゼロからのスタートだった。では、何が彼らをサクセスに導いたのか。
今回お話を伺ったのは、ニューヨークでマドンナやレディ・ガガ、アリシア・キーズをはじめ、多くのセレブリティーから指名され続けている、ネイリスト・安田直美さんだ。
なぜ彼女が生み出すネイルアートは、海外セレブたちを魅了させるのか――。その理由と、直美さんのこれまでの軌跡を伺った。

ニューヨーク旅行が運命を変えた

もともとは、名古屋にある小さなネイルサロンで働いていた直美さん。そんな彼女の運命を変えたのが、友人と行ったニューヨーク旅行だった。

「ニューヨークって、世界中から夢をかなえたい人たちが集まるエキサイティングな街じゃないですか。そんな街のエネルギーに影響されてか、私もここに住んでみたい!って思ってしまったんです」

それから、少しずつニューヨークへ行く準備を始め、23歳のときに渡米。最初は憧れの街、ニューヨークに3カ月ほど滞在し、ネイルの学校に通いライセンスを取得するのが目的だった。

しかし、渡米して2日目にして、なんと仕事先が決まってしまったのだという。

名古屋のネイルサロンに指名で来てくれていたお客さんが、たまたま同時期にニューヨークへ短期留学に来ていて、連絡をしたところ、ある飲み会に誘われた。

行ってみると、そこにはニューヨークのヘアサロンで働いている美容師がいた。

「その美容師さんに『ナオミちゃんは、何をやっているの?』と聞かれて。ネイリストをしていると答えたら、『じゃあ、うちのサロンで働きなよ』と誘ってくれたんです」

でも、当時の直美さんは、英語がまったく話せなかった。

次ページ最初はお客さんなんて1人もいなかった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。