「新型レヴォーグ」に見る新世代のスバル車像

レガシィから30年目の全面刷新で変わるもの

現行モデルのイメージを残しながらも、アグレッシブなフロント回り、特徴的なフェンダー形状のサイド、そしてスバル車にしては角度が寝かされたスポーティで伸びやかなリア回りと、2019年の「ジュネーブモーターショー」で公開されたコンセプトモデル「ヴィジヴ・ツアラーコンセプト」のイメージを上手に量産モデルに落とし込んできた。

特に、これまでスバル車が最も苦手だったタイヤとフェンダーのクリアランスなどは、ショースペシャルな部分を加味しても、かなり攻めている。

さらにフラッグシップの「STIスポーツ」は、フロント/サイド/リアのアンダースポイラー、グリル、LEDアクセサリーライナー、専用アルミホイールなどをプラス。

現行STIスポーツは追加モデルであったが、新型はノーマルと並行してデザインが進められたため、洗練度やフィッティングも高いレベルにある。

気になるボディサイズは、全長4755mm(現行+65mm)×全幅1795mm(+15mm)×全高1480mm(-10mm)、ホイールベース2670mm(+20mm)と現行モデルと比べてわずかにアップする。

これに対して文句を言う人もいるようだが、数値に惑わされすぎだろう。日常域の取り回し性などは、現行とほぼ同等だそうだ。

新開発「1.8L直噴ターボ」を搭載

インテリアは、プロモーションビデオでメーター回りがわずかに確認できる程度で、詳細は未公開。ただし、スバル関係者は「エクステリア同様にデザイン/質感ともに大きくレベルアップした」と自信を見せる。

デザインはおそらく、2019年の「ニューヨークモーターショー」で世界初公開された7代目レガシィ(日本未導入)に近いと予想している。センターディスプレイも、7代目レガシィと同様に縦型となるだろう。

北米で発表された7代目「レガシィ」のインテリア(写真:SUBARU)

シートは全面的に刷新され、ホールド性も座り心地も向上していると言う。ホイールベースが伸びたことにより、リアシートの居住性が改善されているはずだ。

また、現行モデルよりデザインコンシャスになったことで、0次安全=視界性能(特にリア回り)が気になるところだが、デザインと機能性をミリ単位でバランスさせることで現行モデル並みの視界性能を確保。このあたりは0次安全にこだわるスバルらしい部分だ。

パワートレインについてスバルは「2021年までに世界生産の約8割をダウンサイジングターボにする」と発表しており、新型レヴォーグには新開発となる1.8L直噴ターボを搭載する。

次世代のスバルの主力ユニットになるエンジンで、性格的には現行モデルの1.6L直噴ターボ(FB16DIT)の後継となるが、一から開発された新エンジンである。

次ページ高出力モデルは「2.4L直噴ターボ」に?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT