「インプレッサ」大幅改良は、本当に買いなのか

注目点は安全装備とSTIが関わった足回り

「インプレッサ」はハッチバックの「SPORT」とセダン「G4」をラインナップする(写真:SUBARU)

2016年にSUBARUの新プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」を他車に先駆けて採用して登場した、通算5代目となるスバル「インプレッサ」。先代からターボエンジンを搭載したスポーティーなモデルは「WRX」に任せ、スタンダードなハッチバック&セダンとして生まれ変わったモデルである。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

これまでもスバルお得意の年次改良は受けていたが、昨年10月に発表された改良は、初めて内外装にも手が加えられた「大幅改良」となり、メカニズム面でも先進安全装備から足回り、エンジンに至るまで見直しが図られている。

その結果、車両価格はおよそ2万~4万円のアップとなったが、果たして内容に見合った値上げといえるのだろうか?

まずは変更箇所をおさらい

今回の大幅改良で一番わかりやすいのは、エクステリアの変更だろう。新デザインとなるフロントバンパー、グリル、ヘッドライトを備えたフロントマスクは、よりワイド&ローな印象となっており、欧州車のような安定感を醸し出している。

ハッチバックの「SPORTS」ではテールランプの色調も改められた(写真:SUBARU)

リアセクションは従来型を踏襲しているが、ハッチバックモデルに関してはテールランプがスモークテールとなり、より精悍さが増した印象だ。

内装は、外装ほど大がかりな変更はないものの、シート表皮の材質変更やセンターコンソールの高艶化などで質感を向上。さらに運転席シートポジションメモリー機能や、ドアミラーメモリー&オート格納機能、リバース連動ドアミラーなどが追加され、より日常での使い勝手の向上につながっている。

この辺りは目で見える範囲の変更といえるが、目に見えない部分にもさまざまな改良がなされている。まずは、先進安全装備であるアイサイトにプラスされた「アイサイト・ツーリングアシスト」。そして足回りの改良が、今回の大幅改良のキモともいえる部分だ。

次ページ「ツーリングアシスト」全グレード標準装備
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT