「インプレッサ」大幅改良は、本当に買いなのか

注目点は安全装備とSTIが関わった足回り

他メーカーに先駆けて先進安全装備の有効さをアピールしたアイサイトは、進化を続けている。

今回インプレッサに標準装備となったアイサイト・ツーリングアシストは、アイサイトに内包されるACCの(全車速追従機能付クルーズコントロール)に加えて、区画線や先行車を認識してステアリングのアシストもしてくれるというもの。

このアシストは0km/h~約120km/hと幅広い車速域で有効となるため、日本国内で走行するうえで必要となる速度域はすべてカバーしてくれることになる。自動運転ではなく、あくまでアシストではあるが、単調な高速走行や渋滞走行時の疲労軽減につながるものであり、全車標準装備はありがたいところ。

気持ちいいハンドリングを実現

また、さらなる安心をプラスするメーカーオプションの「アイサイトセイフティプラス」には、新たに前方の死角を減らすフロントビューモニターを追加設定。これは、路地から出るときなどに前方左右方向の死角をカメラで補助してくれるものだ。

その他、LEDヘッドランプ装着車には、ステアリング連動ヘッドランプ+アダプティブドライビングビーム機能が標準で備わるなど、総合安全思想を追求するスバルらしい安全装備がプラスされている。

もう1つの目に見えない改良が、サスペンションの改良だ。もともと高いポテンシャルを持つスバルグローバルプラットフォームの実力をさらに引き出すために、今回はあのSTI社も開発に参画。フロントメンバーやリアのサブフレームも強化することで、より気持ちのいいハンドリングを実現している。

次ページ2万~4万円の価格アップは妥当なのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT