日本の自動車部品業界は原材料費低下などが好材料《ムーディーズの業界分析》


 ムーディーズの世界自動車販売予測におけるベースケースシナリオでは、2010年には世界の自動車販売は2%程度増加するとしている。新車販売台数の増加とコスト構造の改善により、ムーディーズは、自動車部品メーカーの信用指標は来年度から格付け水準に近づくと考えている。

今後について、日本の自動車部品メーカーは需要減退と、価格下方圧力の影響を受けると考えられるが、その影響をどのように緩和することができるか、収益の回復が適切な時期に行われるか、また、政府の自動車買い替え支援策終了後の需要と生産動向や設備投資による支出に注目していきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT