「母の叱責」で精神病発症した彼女の壮絶人生

中学生の頃は毎日死ぬことばかり考えていた

石田さんは福祉大学を卒業し、社会福祉士など、複数の国家資格を複数所持する。介護現場ではエリート層だが、非正規となった瞬間に最低賃金に近い賃金となった。貧困だ。障害年金に支えられ、なんとか最低限の生活を維持している。

手取り8万円程度の就労収入、月6万5000円程度の障害年金では1人暮らしを支えられない。現在、単身女性の3人に1人が貧困といわれている。可処分所得がおおよそ年間120万円以下で相対的貧困に該当となる。

現在の収入を見てみよう。収入(就労8万円+障害年金6万5000円-家賃5万円=可処分所得9万5000円)で貧困状態である。奨学金の返済も残り、どんな節約してもお金が足りなくなった。“ちゃんと働いても貧困”というのは、平成以降の女性の貧困の典型である。石田さんのような低賃金に苦しむ女性は、本当に全国にあふれている。

苦しいながら家賃を払って暮らしたが、食べる物にも困る困窮状態となった。実家に戻った。現在、職場と実家を行き来するだけの生活を送る。お金がないので遊びに行くこともなく、友達も少ない。異性と出会うキッカケはなにもないので、32歳になっても未婚のままだ。

明るい未来は頭の中に一切なかった

「結婚とか出産とか、もうずっと前に諦めています。福祉の仕事も同じ日常の繰り返しで、たぶん将来的にもずっと低賃金。もう、自分が生きるだけでいっぱいいっぱい。いろいろ諦めるしかないですよね」

結婚出産どころか、恋愛も諦め、福祉の現場仕事も低賃金労働の繰り返しでしかない。明るい未来は頭の中に一切なかった。いったいなにがあったのか、詳しく聞いていこう。

実家は大阪市内、小学校までは家庭は平穏だった。先ほど精神疾患になった理由は「母親の虐待」といっていた。母親がおかしくなったのは、小学校6年のとき。大黒柱だった父親の勤めていた会社が倒産してから。

「会社が倒産して、父親がサラリーマンじゃなくなった。自営業で仕事をするようになって、すごく収入が減ったんです。それで母親がおかしくなりました。収入が安定しないのはすごくストレスだったみたいで、父親と私に対してストレスのはけ口を向けた、というキッカケです。異常なヒステリーですね」

母親はつねにイライラし、容赦なく怒鳴り散らした。小学生だった石田さんは毎日、毎日、なにかしら理由をつけて怒鳴られた。母親の甲高い声を聞くだけで動悸が高まり、怯え、恐怖とストレスで家庭に安心できる場所がなくなった。

次ページ中学生になって、自分がすべて悪いと思い込むように
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT