「母の叱責」で精神病発症した彼女の壮絶人生

中学生の頃は毎日死ぬことばかり考えていた

29歳のとき、母親ががんになった。手術、10カ月後に再発した。全身転移してもう助からない状態となった。そして、母親は永眠した。

「再発がわかったとき、やっぱり慰めてもらいたかったみたいだった。『がんがしんどいし、私、いずれ死ぬんや』とかいう話になったとき、私がもう『ふざけるな!』って感情的になってしまった。そこで母親が泣いた。そういうことがあった。『今まで散々人のことを苦しめてきたのに、自分がいざしんどくなったら、なんで人を頼るんだ』ということは伝えました」

辛辣な娘の言葉を聞いて、母親は泣いた。弱々しい姿だった。母親の涙を眺めても、石田さんの気持ちは冷めきっていた。なんとも思わなかった。

「今まで自分がしてきたことを棚に上げて、なにを言っているんだろうと思いました。私がいちばん苦しいとき助けてくれなかった。そういう相手に対して、なんの感情も芽生えないというか。母親が死んだときも、なんとも思わなかった。やっと死んでくれた、みたいな感じだった」

希死念慮は再発したが、なんとか生きている

そして1年前。職場でささいなミスをして上司から怒られた。

この連載をまとめた『東京貧困女子。』好評発売中(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

その怒声で母親の叱責がフラッシュバック、強烈な希死念慮が再発した。どうしても死にたい気持ちがおさまらなくなって、病院に駆け込んだ。即入院となった。

「入院中、作業療法というのがあるんです。手芸をやったり。入院中に仲よかった人とか、親しかった患者さんからいっぱい作品をもらった。携帯の革細工のストラップとか、組紐のやつ、ストラップとか。みんなに死なないって約束しました。だから死ぬことイコール裏切ることになるので、頑張れている感じです」

現在、貧困で苦しい生活ながら、実家と職場の行き来はできている。仕事も以前ほどのパフォーマンスは出せないが、なんとか働けている。明日もなんとか生きる。そう思いながら生きている。

今日は久しぶりに天王寺まで電車で来ることができた。死にたいとは思わなかった。少し、自信になった。

本連載では貧困や生活苦でお悩みの方からの情報をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT