「暴力の連鎖」を断ち切った20代女性の半生

福祉制度を「フル活用」して生き延びてきた

平日は週4日就労移行支援施設に通い、土日はボランティアでモデルをしている(編集部撮影)
この連載では、女性、とくに単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。
今回紹介するのは、「今まで母からの虐待や男癖の悪さで振り回され、飛び降りてしまったこともあります」と編集部にメールをくれた20代の女性だ。

生活保護と障害年金を受給

3月下旬。埼玉県某市にある堀井亜里さん(仮名、20代)が1人暮らしする自宅に向かった。県内の主要駅から徒歩圏内に、きれいな小さなマンションがあった。上層階に彼女の部屋があり、チャイムを押すと堀井さんが顔を出した。

この連載の一覧はこちら

騒音問題があり、家賃は月5万円と安価だ。彼女は生活保護と障害年金の受給者で、いまは働いていない。市から支給される生活扶助、家賃扶助で生活する。週4日、市内の就労移行支援施設に通っている。

土日は素人カメラマン相手にボランティアでモデルをしている。所有するiPhone Xには、素人カメラマンにきれいに撮ってもらったポートレイトが何枚も保存してある。

「生活保護は快適ですよ。本当に助かっています。でも、やっぱり洋服もっと欲しいし、化粧品も欲しい。お金が足りない。なので、夏までには働きたいとは思っています」

クローゼットにはお気に入りの洋服が並ぶ(編集部撮影)

部屋の収納を開けると、びっしりと洋服があった。若い女子に人気のマジェスティックレゴン、ダズリンなどのブランドが好きで、先日春物コートを購入している。「今日、写真撮影があるなら、これ着る」と笑顔でいう。

残念ながら日本は生活保護の捕捉率は低く、生活保護基準を下回る所得世帯のうち2割程度しか制度を使っていない。コロナ騒動で困窮状態に陥る人々は、これから間違いなく激増する。生活保護は最低限度の生活が送れなくなったとき、ぜひ利用してほしい制度なのだ。

次ページ止められない自傷行為
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。