「暴力の連鎖」を断ち切った20代女性の半生

福祉制度を「フル活用」して生き延びてきた

学校は不登校、幻覚と幻聴はもっとひどくなった。不登校だった中学校は一応卒業となり、高校進学せずに精神病院に長期入院になった。

退院したのは2年半後で、住んでいた団地に戻った。

「戻ったら、母親は男の人と同棲していた。そこに私が帰ったことで母と男は不仲になって、別れた。でも男は母に付きまとうようなった。男とも関与したくない、母とも関わりたくなくて、一度本当に死のうって団地の踊り場から飛び降り自殺したんです。この手首の縫いあとは、そのときの傷です」

リストカットまみれの左手首に縦型の傷がそのときの傷だった。大腿骨を骨折して入院となった。母親はすぐ別の男を見つけ、再び団地で同棲しているという。退院しても家には帰りたくなかった。

「駅とかで道聞いたおっさんにナンパされて、家帰りたくない理由が一番だけど、カラオケ付き合ったりとか、あとネカフェに泊まらせてもらったり、その代償でセックスみたいな」

福祉制度をフル活用して生き延びた

男好きの母親にようになりたくない。という強い思いがありながら、家に帰らないでその場限りの肉体関係を繰り返した。後悔して自分を責める毎日で、日常的にリストカットをするようになった。4歳年上の男と知り合って、男の家で同棲した。フリーター同士のカップルでお互いアルバイトを見つけては辞めて、ギリギリの生活を送った。

「その男性も暴力ふるうし、性暴力みたいなのも。一緒に暮らすのが嫌になって、女性相談センターに行きました。当時は幻聴も幻覚もリストカットも全部がひどくなって、もうダメだと思って相談しました。2年前です」

地域の女性相談センターに、他県に引っ越しして生活保護を受けることを薦められた。それからこのきれいな部屋で暮らしている。就労はドクターストップがかかって、就労支援施設に通っている。女性相談センターとは「緊急の保護や自立のための支援が必要な女性の相談に応じる」福祉の窓口で、都道府県に1~2カ所設置されている。

親に恵まれなかった堀井さんは、小学校4年のときから、母子生活福祉支援施設、児童相談所、児童養護施設、精神病院、女性相談センター、生活保護と、福祉制度をフルに活用しながらなんとか生き延びていた。

この連載をまとめた『東京貧困女子。』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「まだ仕事はうまく続けられないけど、生活保護になってからの2年間は誰からも暴力をふるわれないし、一番幸せ。でも、さっきもいったけど、もっと洋服とか化粧品が欲しい。だから、夏までにはちゃんと働けるようになりたい。それが目標です」

コロナショックで失業者が増えることは間違いない。失業者と自殺者数は相関関係があるので、このままだと自殺者は増えるだろう。暴力まみれの絶望的な環境に生まれ、精神を完全に壊し、なんとか二十数年間を生きた堀井さんの履歴から、なにか学ぶことはあるのではなかろうか。

日本は憲法25条で生存権が認められる。困難を抱え、絶望的な状況に陥っても福祉制度に頼れば、最低限の生活はできるのだ。

本連載では貧困や生活苦でお悩みの方からの情報をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT