「グーグルマップ」はどこまで勢力を広げるのか

誕生から15年、10億人が使う巨大アプリに

2月初旬に来日したグーグルマップの最高責任者を務めるグーグルアメリカ本社のジェン・フィッツパトリック上級副社長は、マップ開発の道のりについて話した(記者撮影)

もはや単なる地図ではない。飲食店や観光地の写真や評価を見てリストに入れたり、目的地までの交通機関や道のりを調べたり、車の中ではカーナビとして使ったりする。アメリカのグーグルが開発した地図アプリ「グーグルマップ」。もはや使わない日はないという人も少なくないだろう。

グーグルマップが生まれたのは2005年、デスクトップ向けから始まった。ウェブブラウザー内でドラッグしながら地図を見られるという体験は、当時としては画期的だった。今年2月には15周年を迎え、世界で10億人以上のユーザーを抱える規模に成長。今やグーグルを象徴するサービスだ。

始まりはベンチャー2社の買収だった

ただ、実はグーグル自身が一から開発したわけではない。その起源は、「Keyhole(キーホール)」と「Where 2 Technologies (ウェア2テクノロジーズ)」という2つのベンチャー企業にある。グーグルは2004年にこの2社を買収し、衛星・航空画像のデータベースとウェブ上でのマッピング技術を得た。キーホールのCEOだったジョン・ハンケ氏は現在、スマホゲーム「ポケモンGO」で知られるナイアンティックのCEOだ。

2005年当時のグーグルマップ。右上に「印刷」ボタンがある通り、外で使うには印刷することが前提だった(写真:Google)

「初めは車を運転する際に、グーグルマップを印刷しなければならなかった」。アメリカ本社でグーグルマップの最高責任者を務めるジェン・フィッツパトリック上級副社長はそう振り返る。当時のグーグルマップには「印刷」ボタンがあった。また、今ではユーザーの多くが使う乗換案内の機能も初めは「トリッププランナー」という別サービスとして2005年に始まっている。

2007年には360度撮影可能な球体状のカメラを載せたグーグルの車が街中の撮影を始めた。これが「ストリートビュー」だ。街や道路を上から見るだけでなく、遠く離れた街でも写真で入り込めるようになった。前代未聞の試みに対し、プライバシーの懸念も持ち上がった。この年にはアメリカ国内で、道路の渋滞状況が赤や緑などで色分けされる「リアルタイム交通状況」の提供も始まった。

そしてフィッツパトリック氏が「抜本的な変化となった」と振り返るのが、2008年のモバイル版への展開だ。スマホOS「アンドロイド」を搭載した初めての製品が発売されたのと同じ年で、リリースから3年で誰でもマップを持ち歩けるようになった。

次ページ地図の概念を超え始めた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT