見えない「新型肺炎クライシス」の本質とは何か

なぜ人々はここまで「過剰反応」をするのか

より深刻なのは、「専門家だと人々に思われている人物」が恐怖を煽るような発信をする場合である。今回は、これがもっとも話題となった。専門家を使った、あるいは専門家自身による恐怖感の煽りが、社会にとって最も大きな被害をもたらす。

原発事故のときも、菅直人首相(当時)自らが、世界的に論理的とは言えない形で恐怖感を煽り、それを世界に拡散、宣伝した。今回は、ある専門家が横浜に停泊している豪華客船に乗り込み、その中の様子が如何に危険かを伝えた。そして、政府の対応が不十分であることを批判し、「ミスが多く、なされるべきことがなされていない」、という事実を、正義感を持って発信した。

「警鐘を鳴らす=社会のためになる」は正しいか?

しかし、彼のSNSやメディアでの告発の意図がどのようなものであったにせよ、彼は大きな誤りを犯している。仮に、彼の指摘がすべて正しかったとしよう。「政府の措置は理想から程遠く、やるべきことをやっていないという状態」が船内で起きていたとしよう。

もし、それをあなたが発見したら、どうするか。

「これは危険な状態だ! 政府の対応はずさんだ、不十分だ」、と正義感を持って告発するだろうか。SNSでも何でも手法がなんであれ、あなたは社会に甚大な被害をもたらすことになる。なぜか。

それは、あなたが、政府がなぜベストな対応をしていないのが、最適化から外れた行動をとっているのか、完全には理解をせずに、ただ、結果だけを見て、それを世界中に通報しているからである。政府がなぜ部分的に失敗しているように見えるのか、まず考える必要がある。

社会のためになろうと思って、事実を告発して警鐘を鳴らすことに、どのような意味があるか。それが社会のためになるのは当然だと思っていると、それは大きな間違いであり、ほとんどの場合は、社会に悪影響を残すことにしかならない。

なぜか。それは、警鐘をならしても現実が改善する可能性はゼロで、逆に悪化する可能性が高いからである。

次ページ投資家が馬鹿な行動をする3つのケースとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。