アマゾンに挑むローソンの意外すぎる飛び道具

「からあげクン」が将来空から飛んでくる?

第1の「店舗」については、店を「在庫拠点」と見ると、全国約2万店にある在庫の総額は1500億円にのぼる。その在庫を有効活用すれば、「お客様に早く、効率的に、お届けすることが実現できる」とセブンの担当者は説明する。

店頭に陳列されている商品は、1日1000人の買物客の目に触れ、購入されていく。その商品を、店の外にいる人たちに情報発信し、スマホアプリ上の陳列在庫と見なしていこうという取り組みだ。

ネットコンビニで利用できる店舗は、自宅の周辺だけではない。職場の近くであっても、旅行に行った先でも、近くに店舗があれば注文が可能である。

第2の強みは「商品」。コンビニ業態は、米飯やパン、総菜といった朝昼晩の食事需要に対して、即食できる商品を多数そろえている。デイリー商品のほか、2リットルの水、米、トイレットペーパーといった、持ち帰るには重くてかさばる最寄品にも需要がある。冷凍食品も、通常の店舗と比較してよく動くという。

コンビニは毎週100アイテム近くの商品が入れ替わる。2800アイテムに固定されず、つねに大量の新商品が提案されることにコンビニの魅力がある。ネットコンビニも新商品を積極的にフィーチャーしていく。

スマホでセブンがもっと便利に

こうしたお届けサービスとして、すでに2000年9月には「セブン・ミールサービス」を立ち上げている。自宅でも店舗でも、弁当や総菜を中心に、一部雑貨も受け取れるサービスだ。店頭では扱っていない、栄養管理士が監修した弁当がスタート時の柱であった。このミールサービスを利用している年齢層は、65歳以上の人たち。一方、宅食サービスのマーケットは、30代、40代の人たちが増えている。

当時セブン‐イレブンの社長であった古屋一樹は、ネットコンビニを次のように説明する。

「ミールサービスだけではなくて、われわれはもっと、お客様に近くて便利なサービスができないのかを考えたときに、いつでも、どこにいても、最寄りのセブン‐イレブンに頼むことができる。ここが原点なのだと認識した。

スマートフォンの保有率が80%になった今、スマホを使って約2800の商品の中から最寄りのセブン‐イレブンに即座に注文ができて、ある程度の時間内に受け取ることができれば、こんな便利なことはない。今回の取り組みスキームは、私はセブン‐イレブンの、今後さらなる成長の大きな柱として期待している」

今後はネットコンビニとミールサービスは、すみ分けをして並走させていくという。

次ページローソンの意外な「飛び道具」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?