仕事を勝手に進める部下たちが育つ4つの方法

仕事の任せ方を変えるだけで部下は成長する

部下がきちんと「報連相」をするようになる4つの方法を紹介(写真:EKAKI/PIXTA)  
研修の企画・講師を年200回、トータル2000社、累計2万人を超えるビジネスリーダーの組織づくりに関わってきた組織開発コンサルタント・高野俊一氏による連載「その仕事、誰かに任せなさい!」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

勝手に仕事を進める部下たち…

仕事を任せた部下に対して、「ちゃんと報告してよー!」と思ったこと、ありませんか?

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

任せた仕事の進捗がどうなっているのか、完了したのか、成果は出たのか、当然気になりますから、上司としては、絶対に報告してほしい。

でも、部下はなかなか報告してくれません。

上司:「A社の営業訪問行ってきたの?」
部下:「あ、行ってきました」
上司:「(報告してくれよ……)で、どうだったの?」
部下:「あー、大丈夫でした」
上司:「大丈夫ってどんな状態?」
部下:「先方も喜んでくれていました。たぶん買ってくれると思います」

「大丈夫でした」というのは、部下がよく使う言葉です。

上司からすると、何が大丈夫で、何が大丈夫でないのか、さっぱりわかりません。部下の「買ってくれると思います」というのも鵜呑みにするのは怖いフレーズです。

実際、喜んでくれていたはずの顧客から、後日、「なんなんだ、あの君の部下は!」とお叱りをもらったりするのもよくあることです。

部下独自の基準で大丈夫かどうか、喜んでくれたかどうか、買ってくれるかどうかを判断しているので、その判断が正しいのかがわからないのです。

そもそも、任せた仕事が完了したら、すぐに報告があってしかるべきです。

とくに、問題が起こったときやクレームが発生したときなど、悪いことほどすぐさま報告・連絡・相談のいわゆる「報連相(ほうれんそう)」があり、対策を打ち、改善することが、会社のためでもあり、チームのためでもあり、本人のためでもあります。

にもかかわらず、部下は、報告しない、連絡しない、相談しない……。

次ページ部下が報告してこない理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。