「高ゲー」はあり?縮めたくなる駅名10選・東京編

略称のほうが正式名より親しまれるかも

3月に開業する高輪ゲートウェイ駅。どんな略称で呼ばれることになるのか(写真:Taisuke/PIXTA)

駅名の中には、長くて言いづらいもの、略したほうが発音しやすいものが多々ある。

せっかく苦労して命名したのに、略称が一般的になってしまえば駅名を考案した鉄道会社としては苦労のし甲斐がないとも思うけれど、逆の見方をすれば、それだけ世間では親しまれている証しともいえるだろう。

こうした駅名はいくつもあり、前回は神奈川県の駅名を話題にした。今回は、第2弾として首都・東京の駅を見ていきたい。

今春開業の話題の駅

1)高輪ゲートウェイ(JR山手線、京浜東北線)

2020年3月14日に開業する新駅で、山手線の駅としては1971年開業の西日暮里駅以来の新駅である。駅名を一般公募したにもかかわらず、応募数順位130位、トップの高輪駅8398票に比べてわずか36票の高輪ゲートウェイ駅が選出されたことには、さまざまな批判がなされ、物議を醸した。

この連載の一覧はこちら

公募などしなければよかったとも思うし、「〇〇ゲートウェイ駅としたいので、〇〇に入れる駅名を公募します」とでもすれば、これほどの批判を浴びることはなかったであろう。ともあれ、話題となり、宣伝効果があったことは事実だ。それにしても、和名とカタカナ語の合成駅名は長くて言いづらいことは目に見えている。

早くも「高ゲ―」「タカワゲ」といった略称候補がささやかれている。あるいは、ゲートウェイを無視して「高輪」と呼ぶようになるとのゲートウェイ反対派の希望的略称案もあり、開業後、どのように呼ばれて一般化するのか楽しみな駅である。

次ページカタカナが交じると長くなる
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT