長くて残念、省略したくなる駅名10選・神奈川編

正式名より"愛称"で呼ばれ親しまれている

最近開業した相鉄・JR直通線の羽沢横浜国大駅。駅名は「はざわよこはまこくだい」と長くて言いづらいのだが、実際に利用者から何と呼ばれている?(撮影:大澤誠)

駅名の中には、長くて言いづらいもの、略したほうが発音しやすいものが多々ある。せっかく苦労して命名したのに、略称が一般的になってしまえば駅名を考案した鉄道会社としては苦労のし甲斐がないとも思う。

けれど逆の見方をすれば、それだけ世間では親しまれている証しともいえるだろう。こうした駅名はいくつもあるので、まずは昨年11月末に相鉄・JR直通線が開業して何かと話題になっている神奈川県の駅名から見ていきたい。

開業したばかりで早くも略称

1)羽沢横浜国大(相鉄・JR直通線)

相鉄・JR直通線に新設された唯一の駅で、相鉄が管理する駅だが、JR線との共同使用駅のため駅のエントランスには両社のロゴが掲げられている。

この連載の一覧はこちら

昼間は発着する電車が上下1時間に2本ずつと首都圏の駅にしては少ないけれど、将来東急線との直通運転も始まれば、現在の倍以上の本数になるものと思われる。

開業を記念して2019年11月30日に、羽沢横浜国大駅前広場で「ハザコクフェスタ」が開催された。相鉄各駅でもポスターが張られイベントを告知していた。早くも、「ハザコク」が相鉄公認の略称になったかにも思える。長い駅名なので、横浜国大の学生を中心に普及するかもしれない。

次ページ「みなまき」って?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT