鉄道の新線・延伸で「化ける」首都圏の街は?

相鉄が人気上昇中、TXと大江戸線にも注目

建設工事が進む相鉄線の「羽沢横浜国大駅」。2019年度にJR線との直通を開始する予定だ=2018年1月(撮影:尾形文繁)

2005年の開業以来、一気に人気エリアとなったつくばエクスプレス(TX)沿線に代表されるように、鉄道の新路線が地域の発展に与える影響は絶大だ。現在も多数の延伸・新線構想が存在する首都圏。延びる鉄道に合わせて「伸びる」街はどこか。

首都圏の鉄道新線計画は、基本的には国土交通省の交通政策審議会が答申した整備方針に基づいて進められている。2016年の答申に盛り込まれたのは24路線。これらの路線計画を引き合いに出し、将来の利便性向上などをセールストークとして使う不動産業者もあるようだ。

だが、「業者の営業ツールとしてはともかく、いつ開業といった具体的な内容が見えてこないと、不動産価格に目立った動きは表れない」と、不動産経済研究所の松田忠司・主任研究員は言う。2016年の答申には、具体的な開業目標年次などは示されていない。

都心直通で変わる相鉄沿線

そんな中、首都圏で実際に工事が進んでいる新路線もある。神奈川県の大手私鉄・相模鉄道(相鉄)の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)とJR東海道貨物線の横浜羽沢駅付近を結ぶ「相鉄・JR直通線」、同駅付近から新横浜駅を経て東急線日吉駅を結ぶ「相鉄・東急直通線」だ。

前者は2019年度下期、後者は2022年度下期の開業を目指す。横浜羽沢駅付近には新駅「羽沢横浜国大」駅が開設される。2018年12月には、西谷―新横浜間の路線名が「相鉄新横浜線」、新横浜―日吉間が「東急新横浜線」に決まった。

開業後は相鉄線から東京都心への直通列車が走り、現在は横浜乗り換えで59分かかる二俣川(同市旭区)―新宿間が乗り換えなしで44分に短縮される見込みだ。

相鉄線沿線は昭和40~50年代に開発された住宅地が多く、現役世代の減少で近年は利用者の微減が続いていた。だが、直通線開業を前に、沿線人気には上昇の兆候が見られるようになっている。

次ページ計画は20路線以上ある
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。