距離は短いが役立つ、関西私鉄「ミニ路線」10選

沿線の生活の足として活躍中の支線が多い

阪神の武庫川団地前駅。武庫川線は2両編成の電車が走る1.7kmのミニ路線だ(筆者撮影)

これまで、全国のJR編(「盲腸線と言われて残念な『超ミニ支線』10選」)、関東の私鉄・第三セクター編(「東京近郊の目立たなくて残念な『ミニ路線』10選」)、中部地方の私鉄編(「『派手さ』がなく残念、名古屋周辺ミニ路線10選」)と、地域に密着した短い路線を紹介してきた。

この連載の一覧はこちら

ミニ路線シリーズの第4弾は、関西圏の私鉄から10路線を取り上げてみたい。このエリアでは阪急、南海、近鉄といった大手を中心に数多くのミニ支線が存在している。

ほかの地域ではモータリゼーションの発達によりかなりの路線が廃止に追い込まれてしまったけれど、関西圏では、今なお健在の路線も多いのはうれしい限りだ。

まずは阪急から

まずは、ミニ路線を数多く抱える阪急から見ていこう。

1)阪急甲陽線

阪急神戸本線の夙川(しゅくがわ)駅から分岐し北に位置する甲陽園駅まで2.2㎞、所要時間5分の阪急電鉄最短のミニ路線。単線で3両編成のワンマン運転の電車が日中は10分ごとに往復している。途中にある唯一の中間駅苦楽園口で上下列車がすれ違う。

阪急甲陽線の甲陽園駅。沿線は閑静な住宅地だ(筆者撮影)

甲山(かぶとやま)の山麓に点在する住宅を目指すように進む。桜の名所でもある夙川公園に沿って走り、苦楽園口駅の先で夙川を渡ると、最後は大きく左にカーブして甲陽園駅に到着する。

沿線は阪神屈指の高級住宅地であり、緑も多く、気品ある女性客も目につき、ゆったりした気分で乗車できる。甲陽園駅の駅舎は1924(大正13)年の開業時以来の古びた味わい深い建物で近畿の駅百選に選ばれている。

次ページ北と南に分断されてミニ路線に
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。