株は新型肺炎収束をにらみ「買い」かもしれない

NYダウやナスダックは最高値を更新している

【2月4日火曜日】日経225先物は、40円高の2万2930円、NY市場は、143ドル高の2万8399ドル。優待目的で三越伊勢丹ホールディングス(3099)を800円(前日比2円安)で100株買う。終値は、28円高の830円。中国人民銀行が、金融市場に連日で大量の資金を供給したことを好感し、日経平均は、112円高の2万3084円。

【2月5日水曜日】日経225先物は、300円高の2万3390円、NYダウは、407ドル高の2万8807ドル。ナスダック総合株価指数は、194.57上がって9467.97となり、史上最高値を更新した。

横浜大黒ふ頭沖に停泊中のクルーズ船(ダイヤモンド・プリンセス号)の乗客から新型コロナウイルス10人(3700人乗船)陽性と報道。最近、クルーズ船が人気のようだが、これは想定外のリスクで、マイナスイメージは避けられないかも。日本郵政株、売却期限を5年延長へ、今通常国会に改正案提出。日本郵政の本日終値、14円高の1020.5円。日経平均は、234円高で2万3319円と続伸。

【2月6日木曜日】日経225先物は、330円高の2万3690円、NYダウは、483ドル高の2万9290ドルと3日続伸。日経速報メールで、アメリカ弾劾裁判、トランプ氏に無罪評決と報道。日本郵政は、20円高の1040.5円、三越伊勢丹ホールディングスは、24円高の852円。

川本産業の株価はテンバガー(10倍)に!

日経平均は、554円高の2万3873円と3日続伸。新型肺炎関連銘柄の川本産業(3604)は、353円安の1542円。東証2部上場の川本産業は、ガーゼなど医療用衛生材料最大手。

昨年来安値は2019年1月4日に337円をつけ、2020年2月3日にはなんと4000円をつけた。1年と1カ月で株価11.9倍とテンバガー(10倍)銘柄となった。今後、5年後、10年後に同じことが起きたときにいち早く買いに行けるように、覚えておくといい銘柄だろう。

次ページアメリカの主要株価指標は軒並み史上最高値
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT