「N-BOX」3連覇に透けて見えるホンダの課題

新型フィットでN-BOX依存から脱却できるか

3年連続で日本国内の販売台数ナンバーワンとなった「N-BOX」(写真:ホンダ)

ホンダの2019年の国内販売台数は合計72万2003台で、そのうち登録車が35万7171台、届出車(軽自動車)が36万4832台であった。

登録車のうち、最も台数の多い「フリード」が8万5596台(自販連)であるのに対し、軽自動車では「N-BOX」が25万3500台(全軽自協)となっており、軽自動車販売の7割近くをN-BOXに依存している姿があらわになる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ホンダ車の販売は、そもそも軽自動車の比重が50.5%と高いうえ、それがN-BOXという一車種に大きく依存している様子がわかる。

昨年1年間(1~12月)のN-BOXの販売台数は、全軽自協の乗用車ベスト15の1位となり、2位のダイハツ「タント」を7万8000台以上引き離す、圧倒的数となった。しかも、登録車で1位のトヨタ「プリウス」(12万5587台)の2倍以上でもある。

数値があらわにする「N-BOX」依存

N-BOXは、ホンダの軽自動車「Nシリーズ」の第1弾として2011年12月に登場した。翌12年には早くも軽乗用車で2位となり、13年には1位になった。14年はタントに1位を奪還されたが、15年以降は1位をとり続けている。この間、2017年に2代目へフルモデルチェンジした。

2代目「N-BOX」は2017年にデビュー。2019年10月に一部改良を実施している(写真:ホンダ)

ホンダのNシリーズは、昨年の11月に累計250万台を達成した。Nシリーズには、ほかに「N-ONE」、「N-WGN」、商用のN-VANがあるが、累計250万台のうち169万7210台がN-BOXで67%以上を占め、シリーズ内においてもN-BOXの牽引力の大きさを示している。

ホンダのこうしたN-BOX依存体質は、昨年の全軽自協の統計を見ても明らかだ。ベスト10以内にホンダ車はN-BOXしかなく、対してスズキは4台、ダイハツが3台、そして日産と三菱自が1台ずつの内訳となっていた。

その販売台数は、スズキが4台で38万6308台、ダイハツが3台で39万2654台となっており、25万台超のN-BOXと軽自動車販売の台数という側面においては、競合他社もそれほど遜色ないことがうかがえる。

次ページなぜ、N-BOX依存に陥ったのか?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。