「アルツハイマー病検査」の進化で浮上する問題

自分が「将来記憶を失う」ことを知りたいか

アルツハイマー病を将来患うかどうか検査できるようになることの問題とは(写真:【IWJ】Image Works Japan)

少し前まではアルツハイマー病を患っているかを知る唯一の方法は、検死解剖で脳を調べることだった。それが急速に変化している。脳スキャンと脊椎穿刺により、アルツハイマー病の原因とされるタンパク質「アミロイドベータ」を検出できるのだ。

アミロイドベータを検出する血液検査も誕生しつつある。また、スキャンによってアルツハイマー病につながる別のタンパク質「タウ」を発見する研究も進んでいる。

自分がアルツハイマー病になるのを知りたいか

こうした診断検査が普及するにつれ、記憶が失われていくことを恐れる多くの人たちは、難しい問題に直面するだろう。自分がアルツハイマー病になるのかを本当に知りたいのか、ということだ。「この新しい時代に私たちは窮地に立たされている」とカリフォルニア大学サンフランシスコ校の神経科医ギル・ラビノビッチは言う。

検査結果が陽性であれば、身の回りを整理し、将来の計画を立てるのに役立つ。製薬会社バイオジェンは、早期に投薬を開始した場合にアルツハイマー病の症状悪化を抑制するとされる初の治療薬を開発したという。

アルツハイマー病の治療に医療保険の適用を除外することは、少なくとも現在は法律で禁止されている。しかし、長期介護保険や生命保険は別だ。

アルツハイマー病になっても友達は付き合ってくれるだろうか? 配偶者はどうか? 自分が最終的に家族を認識することもできなくなり、もしくは話すことさえできなくなると知りながら生きていくのはどういうものだろう?

診断検査を受けた人の中には、これらの質問があまりに現実的な人もいる。

次ページアルツハイマー病の初期と診断された人
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。