1000円高速の猛威! JRがたまらず値下げ


 影響が比較的少ないとされるJR東日本でも、2010年3月期の上半期では運賃収入が50億円減少したとみられ、「通期では90億円の減収見通し」(大和田徹常務)。JR旅客6社の合計では年間250億円と影響は甚大だ。JR貨物も同40億円の減収を見込む。

 お盆休みに続き、年始も高速道路1000円は実施される見通し。多くの帰省客が自動車に流れるのは必至だろう。これが、なりふり構わぬ割引施策への誘因となったのは間違いない。

来年以降は高速道路の無料化という“爆弾”も控えている。「仮に土日祝の1000円が全日に拡大するだけでも、その影響はJR旅客6社全体で750億円程度まで膨らむ。無料では交通体系のバランスが崩れてしまう」と、JR東日本の冨田哲郎副社長は利用者の減少を危惧する。

 苦肉の策の割引切符だが、どこまで鉄道離れを食い止められるかも未知数だ。JR各社が抱えるローカル線の中には、今なお赤字の路線も少なくない。自動車シフトへの抜本的対策がない中、採算悪化を理由にこうした路線を温存し続けることが難しくなる可能性もある。
(大坂直樹 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。