フリーターの正社員就活は「2月が最適」な理由

企業の採用枠が発生、年明けで心境にも変化

タイプ3 短期集中で確実に就職したい

マンツーマンの就業サポートを受け、短期集中型で就活したい人には、人材紹介のエージェント(担当のキャリアカウンセラーがつく)がおすすめだ。筆者も日々、UZUZというエージェントでキャリアカウンセリングを行っている。

詳しい求人紹介や面接対策にも対応してくれるので、何から就活を始めたらいいかわからない、自分一人では自信がない、という人はメリットを感じるサポートだと思う。ただし、マンツーマンだからこそ担当キャリアカウンセラーによって当たり外れがあるため、利用するのであれば複数社利用したほうがいい。

短期決戦で臨めるフリーターの就活

タイプ4 専門知識を身に付けてから就職したい

専門知識を身につけ、自信を持って就職したい人には、職業訓練校や就業支援付きスクールの利用を勧める。特にIT分野への就職では、入社時に基礎的な専門知識や業界・職種理解が求められる企業も多いため、事前に学習しておくことは必要だ。

また、実際に詳しく業界や職種を知り、学習することでミスマッチを減らす効果もある。ただ、職業訓練校ではないスクールに通う場合、他の3つの手法と違い、初期費用がかかる点はデメリットだと言える。費用をかけずにIT学習をしてから就職を目指したい人は、YouTubeチャンネル等でも学習することはできる。

夢を追ってフリーターを選択したり、フリーターという働き方が心底性に合っている人は、無理に就活をする必要はない。

だが、不本意な形でフリーターとなってしまった人や、早くフリーターを抜け出して、正社員として働きたい人は、2月というタイミングを生かして就活を開始してもらいたい。新卒の就活と違い、フリーターの就活期間は平均で1.5カ月(UZUZ統計データ)と短いので、短期集中型で頑張ればきっと状況を変えることができるはずだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT