季語の誕生 宮坂静生著

季語の誕生 宮坂静生著

俳人であり信州大学名誉教授である著者は、「市販の歳時記は自分の住んでいる地方の季節にはあわない」という指摘に、歳時記の季語にとらわれ実景がおろそかになりがちな俳句作りに疑問を抱く。ことばは時代とともに変わるもの、移り変わりの速い現代において季語の見直しもまた必要と、季語の本意が成立した背景を探る。

雪、月、花など主要な季語の成立経緯をたどりながら、平安貴族によって育まれた季語の底流には縄文時代から人々に蓄積された生活意識があったのではないかと考察。都中心だった季語の本意を見事なまでにひるがえし、新たな季語を称揚した松尾芭蕉こそ季語変革の先駆者と位置づけ、新たな季語論を提言する。

岩波新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT