季語の誕生 宮坂静生著

季語の誕生 宮坂静生著

俳人であり信州大学名誉教授である著者は、「市販の歳時記は自分の住んでいる地方の季節にはあわない」という指摘に、歳時記の季語にとらわれ実景がおろそかになりがちな俳句作りに疑問を抱く。ことばは時代とともに変わるもの、移り変わりの速い現代において季語の見直しもまた必要と、季語の本意が成立した背景を探る。

雪、月、花など主要な季語の成立経緯をたどりながら、平安貴族によって育まれた季語の底流には縄文時代から人々に蓄積された生活意識があったのではないかと考察。都中心だった季語の本意を見事なまでにひるがえし、新たな季語を称揚した松尾芭蕉こそ季語変革の先駆者と位置づけ、新たな季語論を提言する。

岩波新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。