自筆遺言を「偽物」と言う母と家族を襲った悲劇

認知症の母が原因でバラバラになった家族

春美さんはため息をつきながら、妹たちに悪態をつきました。春美さんの態度に怒りを抑えきれなくなった奈津美さんは一気にまくしたてました。

次女:「このところ、お姉ちゃんちは、ご主人が定年になったにもかかわらず、自宅をリフォームしたり、海外旅行へ行ったり、ベンツを買ったり、羽振りのいい生活をしていると思ってたのよ。この取引明細書見てピンときたわよ」

長女:「バカじゃないの、あんた。そんなもん夫の退職金を使ったからに決まっているじゃない」

次女:「そんなの信じられるわけないじゃない。私の夫だって退職金もらったけど、年金だってあてにならないのに、そんな羽振りよく使えるわけがないでしょ。そんなウソが通用すると思ってるの?」

もはや解決の糸口は見えない

姉妹の言い争いはエキサイトしていきます。仲良しだった姉妹の「争族」には、もはや解決の糸口は見えなくなりました。今回の事例のように、同居の親族が金融機関から生活費をおろしてくる際に現金を着服する例は枚挙にいとまがありません。

『プロが教える 相続でモメないための本』(アスコム)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

よほど強力な使い込みの証拠が出てこない限り裁判で勝つのは難しいでしょう。「親の承諾なく(勝手に預金を引き出した)」という点を主張立証するため、「当時の親は事実上の認知症だった」と主張する手もありますが、これも診断書などがなければ正確に立証することは難しくなります。

相続に関することは、自分たちだけで判断が難しい複雑な事情が絡んでいることが多く、専門家に相談したほうがいいと思います。ただ、気を付けたいのは、相続は多岐にわたる知識が必要だということ。

ありがちなのが、知り合いの税理士に相談するケースですが、税の知識だけでは正しい判断は下せません。税と法律、両方に精通しているプロフェッショナルに相談することが重要です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。