自筆遺言を「偽物」と言う母と家族を襲った悲劇

認知症の母が原因でバラバラになった家族

「お金」が絡む相続はモメることもしばしば。どうすれば防げるのか(写真:takasuu/iStock)

日本の高齢者の人口はすでに3500万人を超えています。親が認知症になる、介護が必要になるといった事態は多くの人にとって他人事ではなくなりました。面倒を見る家族の負担が大きいのはもちろん、一歩間違うと家族がバラバラになる引き金になりかねません。とくに相続など「お金」が絡めばなおさらです。

私は相続のプロとして、3000件を超える相続を手がけ、それにまつわる悲劇も嫌というほど見てきました。今回は、そんな中でとくに印象的だった家族の事例を拙著『プロが教える 相続でモメないための本』の中から挙げ、どうすれば防げるのかについても解説します。

「長男が遺言を偽造した」と言い出した母親

「もしもし、あ、お母さん? うん、どうしたの、なに? ちょっと落ち着いてよ」――。

日曜日の早朝、母の初江さんから突然の電話を受けた長女の和美さんは、心がざわつきました。いつも温和な母が、激高した声で電話してきたからです。

「私は太一にだまされているのかもしれない」。言っている内容も唐突すぎる。いったい何があったというのでしょうか。「お兄ちゃんに? どういうこと、何があったの?」。震える声を抑えながら和美は問い返す。

母:「遺言が出てきたのよ、タンスの引き出しから」

長女(和美さん):「遺言って……お母さんが自分で書いたんでしょ?」

母:「違うの。私が書いた遺言じゃないの。だって、全財産を太一に相続させるなんて書いてあるのよ? こんなの書いた覚えはないのに、そういう内容になってるのよ。きっと、太一が偽造したに違いないわ」

和美さんは受話器を握りしめたまま、言葉を失いました。これは……もしかすると、母の認知症が始まってしまったのではないか? 不安がよぎりました。

なにしろ初江さんは、以前から「長男の太一にすべての財産を相続させる」という内容の遺言を書いたと、子どもたちの前で公言していたからです。自分で書いたはずの遺言を見つけて、「太一が偽造した」などと激怒する母に和美さんは戸惑いを隠しきれませんでした。

次ページ父親のときに遺産相続でモメた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT