「すぐクビになる人」が見落としてる重大な視点

自分は一生懸命仕事をやっているのに…

なぜ「能力がない」と評価されるのでしょうか(写真:ふじよ/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

なぜかすぐクビになります。能力がないからだそうです。でも一生懸命やってます。なぜクビになるか訳がわかりません。どうしたらいいですが。
無職 S井

相手の期待値や仕事としてやってもらいたいことと、S井さんのできること、または仕事としてやりたいこととの相違でしょう。

この連載の記事一覧はこちら

多かれ少なかれ、誰しも仕事は一生懸命やっているものですし、S井さんもご自身で言われるように一生懸命仕事に取り組んでいるのでしょう。しかしながら、仕事というものは周りの他者との関係の中において行うものです。

したがって、「自分は一生懸命にやっている」という自分目線のほかに、「上司から期待されているのは何か?」や「お客様は何を期待しているのか?」といった外部の目線も重要になってきます。

なぜ「能力がない」と評価されるのか

一生懸命にやっているのにクビになる、すなわち評価されていない、ということかと思いますが、S井さんはご自身が上司や会社から何を期待されているのか、何を求められているのか、を明確に理解していますか?

おそらく足りないのはその視点でしょう。

「能力がない」と評価されるとのことですが、何をもって能力がないと判断されているのかを明確に理解しないことには、その経験から学ぶことはできません。

おそらくS井さんにはその視点も欠けているものと思われます。ご自身に対する評価ですから、「能力がない“だそうです”」などとのんきに言っている場合ではありません。

なぜそういった評価になるのか、具体的に何をもって能力がないと言われているのか。その中で自分は今後どうしていくべきなのか。

次ページ仕事の成果としてつなげるには…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT