低迷する漫画業界の大問題、制作現場のワーキングプア



 中村さんは漫画家が得る報酬について、その労力に見合った適切なものではないと考えている。「一人で描いて暮らすのがギリギリ。漫画家の生活苦を美談だと思っている人さえいる。ビジネスとして漫画をとらえている人が少ない」と嘆く。それでも「暮らしがボロボロになるよりも、漫画がボロボロになるほうがつらい」と気力を振り絞る中村さん。「今しっかり動かないと、良質な漫画をたくさん出していくシステムが壊れる」と危機感を募らせている。

編集者もピンからキリまで存在する。だが中村さんは、あくまで良識ある編集者の実績につながるような仕事をしていくことで、漫画ビジネスを支えたい、という。

前出の江上IKKI編集長によれば、原稿1枚当たり1万円台がほとんどで、2万円以上もらえるのはほんの一握りのベテランだけ。中村さんの一件は氷山の一角で、経営難に四苦八苦する漫画家は多い。角川書店の井上社長も、「従来の週刊漫画誌のような、アシスタントを多用し量産するのが前提の体制だと、漫画家の生活は厳しくなる」と語る。

新たな漫画マーケットを切り開こうと試行錯誤する出版社。その最大のカギが良質な作品であることは、すべての関係者の一致するところだ。であるならば、漫画の制作現場をジワジワ覆い尽くすワーキングプア問題の解決に着手しないかぎり、真の漫画活性化は進まない。

(小林拓矢 フリーライター 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。