「副業先は友人経由で」が注目される背景

「リファラル×副業」サービスがIT業界で浸透

友達を介して副業先を探す人が増えています (写真:IYO/PIXTA)

スキルアップや転職先探し、収入アップなど、さまざまな思惑から、副業に対する関心が高まっている。それにともない、副業をサポートするサービスも増えてきた。地方企業での副業が見つかる「ふるさと兼業」や「JOINS」、IT関連の副業が探せる「シューマツワーカー」はその一例だ。

そんな中、2018年4月にスタートした、「YOUTRUST」のサービスが、ユニークな内容として注目されている。企業側が副業したい人に、オファーを送るという点では、他社が展開しているダイレクトリクルーティングとかわらない。異なるのは、オファーを送ることができるのは、「友人」や「友人の友人」といった「リファラル」(縁故者)のみからしかできないという点だ。

仕組みはこうだ。登録アカウントは、仕事を探している人を対象とした無料の「個人アカウント」と、企業の採用担当者を対象とした有料の「採用アカウント」の2種類がある。いずれも、登録にはフェイスブックのアカウントを持っていることを必須にしている。

意欲に応じてオファーが受けられる

アカウント登録すると、フェイスブック上の友達で、かつYOUTRUSTに登録している人のリストが表示される。気になる人がいる場合、改めてYOUTRUST上で友達申請をする。

申請が許可されると、お互いにプロフィールを閲覧できる。採用アカウントの場合は、その友人の友人のプロフィールまで見ることが可能だ。

次ページミスマッチが少なくなる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT