「副業先は友人経由で」が注目される背景

「リファラル×副業」サービスがIT業界で浸透

友達を介して副業先を探す人が増えています (写真:IYO/PIXTA)

スキルアップや転職先探し、収入アップなど、さまざまな思惑から、副業に対する関心が高まっている。それにともない、副業をサポートするサービスも増えてきた。地方企業での副業が見つかる「ふるさと兼業」や「JOINS」、IT関連の副業が探せる「シューマツワーカー」はその一例だ。

そんな中、2018年4月にスタートした、「YOUTRUST」のサービスが、ユニークな内容として注目されている。企業側が副業したい人に、オファーを送るという点では、他社が展開しているダイレクトリクルーティングとかわらない。異なるのは、オファーを送ることができるのは、「友人」や「友人の友人」といった「リファラル」(縁故者)のみからしかできないという点だ。

仕組みはこうだ。登録アカウントは、仕事を探している人を対象とした無料の「個人アカウント」と、企業の採用担当者を対象とした有料の「採用アカウント」の2種類がある。いずれも、登録にはフェイスブックのアカウントを持っていることを必須にしている。

意欲に応じてオファーが受けられる

アカウント登録すると、フェイスブック上の友達で、かつYOUTRUSTに登録している人のリストが表示される。気になる人がいる場合、改めてYOUTRUST上で友達申請をする。

申請が許可されると、お互いにプロフィールを閲覧できる。採用アカウントの場合は、その友人の友人のプロフィールまで見ることが可能だ。

次ページミスマッチが少なくなる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。