工場異変~日本の製造業は大丈夫か~

安全・品質・モラルが問われる

片やシャープは、もともと自社製薄型テレビ「アクオス」に搭載するはずだった液晶パネルが、地デジ特需崩壊に伴う需要急減で大きく目算が外れた。亀山第1工場(三重県)はアップルの「アイフォーン」専用工場に転用。亀山第2(同)はアップルの「アイパッド」、サムスン電子、中国スマホメーカー向けに供給先を変えた。堺工場(大阪府)に至っては、鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長からの資金援助を受け、共同運営となっている。今やシャープの命運は、アップル、サムスン、ホンハイが実質的にカギを握っているのだ。

縮む工場、減る工員。現場が地盤沈下する

日本のGDPの内訳を見ると、12年は474兆円(全産業)のうち、製造業が18%を占めている。製造業はサービス業に次ぐ2位で、製造業の中でも、食料品(14%)、電気機械や輸送用機械(各13%)、一般機械(12%)の比率が高かった。つまり、内需で代表格の食品を別にすれば、いかに車や電機に依存する構造なのかがわかる。

だが、国内の事業所(工場)数は、ピークである1983年の45万事業所から、12年には22万事業所まで半数以下に落ちた。また従業員数もピークである91年の1135万人から、12年には735万人まで3分の2まで縮小している。これは日本の人口縮小を超えるペースである。工業高校を志願する生徒も減っており、“匠の技”とされる技術の伝承がどこまでなされているか、心配だ。

工場の存在感は足元から揺らいでいる。

(詳しくは「週刊東洋経済」3月15日号 特集『工場異変』をご覧下さい

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT