ネガティブ・マインド なぜ「うつ」になる、どう予防する 坂本真士著

ネガティブ・マインド なぜ「うつ」になる、どう予防する 坂本真士著

うつ病はもはや誰にとっても無縁ではない。過去1年にうつ病になった日本人は47人に1人、これまでの生涯での罹患者は16人に1人という調査もある。うつを発生させる心の働きをネガティブ・マインドと名づけ、その仕組みを社会心理学や認知心理学の知見をもとに明らかにする。

ネガティブ・マインドは推論の誤りによるものも多く、第三者的に考えてみることも大事だ。同時に、気晴らしなどによるストレスへの対処、生理的・心理的な変化を招くことができる運動も効果が大きい。単純に悪者扱いせず、そのポジティブな側面にも光を当て、「20年近くネガティブな心理を研究してきた」学者が、うつにならないための考え方や方法も紹介する。

中公新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
MARCH大解剖 早慶を猛追!<br>進化する5大学の最前線

明治、青学、立教、中央、法政の5大学は「MARCH」と称され、志願者数も偏差値も右肩上がり。その中で実力で勝るのはどこでしょうか。大学ランキング、最前線の取り組み、親世代とは一変した新・学部序列、付属校など多角的に分析します。