ヒルズ 挑戦する都市 森稔著

ヒルズ 挑戦する都市 森稔著

1959年、父親とともに港区虎ノ門で森ビルを創業した著者は、財閥系不動産会社とは異なる“異端”の手法で、都市再開発を進めてきた。

短期的な資金回収を重視すれば、手に入れた自社の土地だけでペンシルビルを建ててしまったほうが早い。しかし、森ビルは時間をかけて多数の地権者を説得。広大な土地を共同で再開発する手法で街の姿を変えた。最初の広域再開発プロジェクトのアークヒルズは69年に着手し竣工が86年。六本木ヒルズは86年に着手して竣工が2003年と、長大な時間を要している。

森ビルの手法を参考に、超高層ビルと地下空間の活用により、都心部に緑広がる職住接近の「垂直の庭園都市」を展開すべきと説く。

朝日新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。