ヒルズ 挑戦する都市 森稔著

ヒルズ 挑戦する都市 森稔著

1959年、父親とともに港区虎ノ門で森ビルを創業した著者は、財閥系不動産会社とは異なる“異端”の手法で、都市再開発を進めてきた。

短期的な資金回収を重視すれば、手に入れた自社の土地だけでペンシルビルを建ててしまったほうが早い。しかし、森ビルは時間をかけて多数の地権者を説得。広大な土地を共同で再開発する手法で街の姿を変えた。最初の広域再開発プロジェクトのアークヒルズは69年に着手し竣工が86年。六本木ヒルズは86年に着手して竣工が2003年と、長大な時間を要している。

森ビルの手法を参考に、超高層ビルと地下空間の活用により、都心部に緑広がる職住接近の「垂直の庭園都市」を展開すべきと説く。

朝日新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。