生命保険のカラクリ 岩瀬大輔著

生命保険のカラクリ 岩瀬大輔著

人生で住宅に次ぐ大きい買い物といわれる生命保険。日本では世帯加入率9割というほど国民生活に密着している。しかし一方で加入している保険の内容をきちんと理解している人は少ない。それはなぜか。米国のビジネススクール留学を経てネット生命保険会社の設立に参画した著者が、業界の特殊性と複雑な生命保険のカラクリを語る。

生命保険の基本をなす定期、養老、終身の違い、無事故ボーナスや掛け捨て、途中解約のしくみといった保険の基礎知識や医療費の自己負担額の実際などを解説。従来型の営業職員による対面販売とネット直販型の保険、双方のメリット・デメリットをあげ、これからの時代に必要な保険との付き合い方を教える。

文春新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT