生命保険のカラクリ 岩瀬大輔著

生命保険のカラクリ 岩瀬大輔著

人生で住宅に次ぐ大きい買い物といわれる生命保険。日本では世帯加入率9割というほど国民生活に密着している。しかし一方で加入している保険の内容をきちんと理解している人は少ない。それはなぜか。米国のビジネススクール留学を経てネット生命保険会社の設立に参画した著者が、業界の特殊性と複雑な生命保険のカラクリを語る。

生命保険の基本をなす定期、養老、終身の違い、無事故ボーナスや掛け捨て、途中解約のしくみといった保険の基礎知識や医療費の自己負担額の実際などを解説。従来型の営業職員による対面販売とネット直販型の保険、双方のメリット・デメリットをあげ、これからの時代に必要な保険との付き合い方を教える。

文春新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。