ゴーン会見に日本人が納得できない4つの理由

論点すり替え情報隠し自画自賛で日本を疎外

もちろんこれはゴーン氏の狙いであり、実際に欧米メディアが日本の司法制度に疑問の目を向けたことから、一定の成果を得たとも言えるでしょう。しかし、その欧米メディアですら、「日本の司法制度の問題とゴーン氏の罪は別の話」という冷静な論調が出ているように、自身のイメージ回復にはつながっていません。

「すべての情報を開示しない」スタンス

ゴーン氏は日本の司法制度を批判した一方、自らの罪については認めませんでした。

「罪の根拠はなく、日産から支出された資金は正当なもの」「日産と検察が共謀して私を陥れた」などと話したのみで、裏付けとなる証拠は提示されず。当然ながら証言の信憑性はなく、司法制度を批判していたときの冗舌さもありませんでした。

さらに歯切れが悪かったのは、逃亡劇に関する質問。「日本から出た経緯については話しません。それが迷惑をかけることにもつながるからです」「私は『なぜ脱出したのか?』を語るために来た」と語るだけでした。

また、事前に「日本政府内で何が起きていたのか、名前も出せる」と豪語し、海外メディアの焦点ともなっていた政府関係者の実名も語らずじまい。ゴーン氏はその理由に「レバノン政府や国民の不利益になることはしない」を挙げていましたが、「今後の切り札となる情報だから、まだ温めておく」という可能性も多少はあるでしょう。いずれにしても、すべての情報を開示しない姿勢が「この日の会見はもともと疑惑を晴らすためのものではなかった」ことを物語っています。

ゴーン氏はテレビ東京の記者から無断出国の是非を問われ、「私が日本を出国したことは明らかに法律違反でそれは問題ですけれども、日本の検察が10件の法律違反を犯しているのは問題ではないのでしょうか?」と返しました。

次ページ多少の矛盾点はあっても…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT