単なるショーだった「逃亡ゴーン会見」の舞台裏

関係者が拍手する政治集会のような雰囲気

記者会見場に約100席用意された席は、主にフランス、レバノン、アメリカメディアで埋まっていた(写真:Mohamed Azaki/ロイター)

約2時間半に及んだショーで彼は、4カ国語を巧みに操りながら、嬉々として会場を仕切り、時折会場からは拍手すら起こった――。1月8日、レバノンの首都ベイルートで開かれたカルロス・ゴーン日産自動車元会長の記者会見。世界中からメディアが詰めかけた会見では何が起こっていたのか。

会見を仕切った辣腕フランス人女性

会場となったベイルート・プレス・シンジケートは、ベイルート中心部から車で約20分、市内西部に位置する。市内に滞在していた海外メディアの記者たちは、中心部から右手に美しい地中海、左手に荒廃したビルと新しいビルが混じった町並みを眺めながら会場へやってきた。もともとベイルートの交通事情は最悪だが、この日は波乱の展開を予想するかのように大雨で道路はさらにカオス状態だった。

会見が始まる午後3時(日本時間8日午後10時)前には、会場前は多くの人でごった返していた。今回、ゴーン氏に選ばれ、会見に出席できた100人に及ぶジャーナリストのほとんどはフランス人、レバノン人、そしてアメリカ人で、日本のメディアはほぼ参加が許されなかった。そのせいか、会場前ではイライラした様子の日本の記者団の姿が見受けられた。

記者会見場となったプレス・シンジケートの前は、各国のメディアでごった返していた(筆者撮影)

民間警備員や広報関係者が駐車場へ車を入れようとする中、建物の前は混乱状態となっていた。これまでのフランスの著名人に注目が集まった時と同様、今回のショーを仕切っていたのは、危機に陥ったフランスの著名人や大企業が頼りにする広報会社「イマージュ7」だ。

同社を率いるのは、ビジネスマン、ジャーナリスト、政治家の間に極めて大きなネットワークを持つアン・モーというブロンドヘアのフランス人女性である。この日もモー氏は会場に訪れ、会見では質問の際にマイクを回す役割まで務めていた。

次ページそれどころじゃないアメリカ人記者
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。