スズキの「初代ハスラー」は何を残したのか

新型登場で振り返るその功績とライバルたち

2014~2019年にかけて販売されたスズキ「初代ハスラー」(撮影:大塚一仁)

2013年の東京モーターショーに参考出品車として姿を現し、同年のクリスマスイブに公式発表。翌2014年の1月から販売が始まった初代スズキ「ハスラー」のデビューは衝撃的だった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

軽自動車ハイトワゴンとSUVをドッキングした商品企画で、クロスオーバーSUVワゴンというジャンルを確立。遊び心あふれるデザインやアクティブな雰囲気を持ちつつ、室内の広さや実用性は同社の主力モデル「ワゴンR」と同等という、絶妙なバランスを備えたモデルだったのだ。

たしかに、2004年に発売された三菱「eKアクティブ」などハスラー以前にも同様のコンセプトを持つモデルはあったが、ハスラーが新しかったのは、その「独自性」だ。

実用性と「楽しさ」のバランス

eKアクティブは、あくまで「eKワゴン」と同じボディを使って、車高アップや大径タイヤの装着、車体下部への樹脂部品の取り付けなどでSUVテイストに仕立てたモデルだった。対してハスラーは、メカニズムや車体の基本構造をワゴンRと共用するものの、ボディ自体は専用に設計されたものだったのだ。

2004年に発表された三菱「ek アクティブ」(写真:三菱自動車)

もうひとつ、初代ハスラーの成功の理由として、時代背景もある。eKアクティブのデビュー当時は、まだSUVブームが盛り上がってはいなかった。しかし、初代ハスラーの販売がスタートする2014年頃には、SUVの勢いが急上昇。流行として街に背の高いクルマが増えてきたことで、軽自動車にもSUVテイストのクルマが受け入れられる土壌が整い、ハスラーにとって追い風となった。

初代ハスラーは、ワゴンRと比べると乗り心地の悪さなどウィークポイントもあったものの、発売するや大ブレイク。デビューから数年は、年間約10万台前後というハイペースで売れ続け、その後はペースが落ちてきたとはいえ2019年11月までの約9年間で累計47万6918台を販売した大ヒット作である。

「実用性は譲れないが、楽しいクルマに乗りたい」というニーズを上手に捉えた商品企画の勝利だ。

次ページ大量受注に生産が追いつかなかった理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。